初デートにおすすめの男性の服装の選び方

ドキドキの初デート、デートコースと同じく気を配るべきなのが服装です。

彼女に「いい感じ」と思ってもらえるか、それとも「残念な感じ」と思われてしまうかは、あなたが選ぶデートファッション次第。やっぱり人は第一印象が大事です。

ファッションが全てではないですが、最初の印象で無いなぁっと思われたらもう先はありません。

初デートを成功させるために女子ウケするファッションに身を包んで、まずは最初の彼女のハートをがっちりホールドしてしまいましょう。

一体どんな服装が女子ウケするのか、そのポイントを紹介します!

女子ウケするデート服のポイント

女子ウケするデート服選びには、下記の4つのポイントがあります。

これらのポイントを押さえたデート服を着ていけば、待ち合わせ場所で彼女が涙目になるのを防ぐことができるどころか、「もっと一緒にいたい!」と思わせることができるかもしれません。

シンプルでベーシックがベスト

女性に好まれるデート服は、シンプルでベーシックなものです。

自分のファッションに対する主義・主張やこだわりは、デート相手の彼女にドン引きされる可能性を考えると、引っ込めておいたほうが無難です。

シンプルでベーシックな服装とは、奇抜なデザインの目立つ服装ではありません。むしろ、平凡なデザインで、時代やトレンドに左右されることなく、控えめな印象を与える「定番」の服装です。

例えば、柄物シャツやプリントTシャツなどは、男性からすれば誰もが持っている定番アイテムなので、シンプルでベーシックな服だと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?

しかし、それらは定番アイテムとして多くの男性に支持されているものの、女性からすればゴチャゴチャして見えたり子どもっぽく見えたりしてしまいます。

おすすめなのは、スッキリした印象を与える無地の服か、ボーダー柄の服などです。

ただし、無地やボーダー柄だったらなんでも良い訳ではありません。デザイン的に面白味がないシンプルかつベーシックな服は、できる限り高品質の素材で爽やかな印象を与える明るめカラーを選べば安っぽく見えません。

ファッションに気を遣う女性ほど、安っぽく見える男性ファッションを嫌いますので、シンプルでありながらも高級感や上質感がでるものを選ぶのが女子ウケのポイントです。

サイズは必ず自分にあったものを

デザインや柄が気に入ったので、ちょっと大きいけど良いか?っという考えで服を買ったりしてませんか?

「大は小を兼ねる」とか、「ちょっと痩せれば大丈夫」などと自分に言い聞かせて、自分の体のサイズに合っていない服を購入するのは大変危険です。

女子ウケするデート服を選ぶなら、サイズがぴったり合っている服を選ぶのが基本中の基本です。サイズが合っている服とは、肩幅・袖丈・着丈・身幅が、自分の体のサイズと合っている服のことをいいます。

ですから、服を購入するときにはサイズ表記を参考にするのではなく、必ず試着をしましょう

サイズが合っている服を選ぶときには、まず肩のラインに注目します。服の肩幅がほんの少し自分の肩よりも内側にくるか、ぴったり合う服を選びます。

基本的に、肩幅が合っていれば袖丈もぴったりな場合が多いものです。また、シャツやTシャツの着丈は、ベルトが隠れるくらいの丈がベストです。

身幅は服を着たときに、サイズが大きすぎてブカブカだったり、サイズが小さすぎてボタンがはち切れそうだったり、脇にシワが寄ったりしないものを選びます。

ウェストの部分に指2本入るくらいの服を選べばサイズの合っている服なので、きれいに着こなすことができますよ。

サイズが合っている服を着るとアカ抜けて見えますし、服のサイズにまで気を配ることのできる大人の男であることをアピールすることができます。

女性は清潔感を最も重視する

女子ウケするデート服を選ぶときには、なによりも清潔感を第一に考えて服を選びましょう。

「きちんと洗濯しているから清潔だ」といって、ヨレヨレの服やシワシワの服を着てしまう、なんてことはありませんか?

もちろん、汗染みのある服や汚れた服をデート服に選ぶのなんて論外です。ですが、清潔感を全面的にアピールするには、ただ単に洗濯済みの服を着たら良いという訳ではないのです。

面倒だと思う人もいるでしょうが、襟の部分がくたびれていないか、シワシワでないか、色褪せていないか、ボタンが取れかけていないかなど、服の状態をいま一度チェックしましょう。

また、匂いも非常に重要ですので、タバコや食べ物の匂い、汗の匂いなどがするような服はダメです。洗っても落ちないようなら、潔くその服は捨ててしまいましょう。

色の選び方や合わせ方

女子ウケしたいなら清潔感がもっとも重要なファッションポイントになることを述べましたが、それに加えて、清潔感を与える色の服かどうか、清潔感を醸し出すスッキリしたコーディネートになっているかどうかを考えるのもとても重要です。

くすんだ色の服や暗めの色の服を着ると落ち着くかもしれませんし、男性は黒を始め暗い色が好きですし、カッコイイと思ってる感じがあります。

ですが、デート服を選ぶ場合には、明るい色の服を取り入れたほうが、爽やかで清潔感のある印象を与えます。

黒・グレー・紺みたいな暗い色ばかりを普段来ている場合は、白・ベージュ・水色・薄いピンクなど明るい色を取り入れるようにしてみると印象がかなり変わります。

シーズン別デート服の選び方

春・夏・秋・冬とシーズンごとに、デート服にもそれらが感じる季節感を出すとオシャレな感じになります。

特に春と秋は同じような服装になってませんか?また、季節にかかわりなく、いつも同じ色の服や同じコーディネートをしてませんか?

それでは女性にウケるファッションとはいえません。シーズンごとにふさわしいデート服の選び方をマスターして、初デートで好印象を与えましょう!

春のデート服のポイント

春は、フレッシュで柔らかい印象を与える明るい色の服を選びましょう。

特におすすめなのが、明るくて薄い色味の服です。明るい原色の服ではなく、明るくて薄い色の服を着ることで、春らしい柔らかで穏やかな印象を与えることができます。

しかし、上下とも薄い色のコーディネートでは、「ぼんやり」したコーディネートになってしまいます。そのため、濃い色をどこか一部に加えるとメリハリが効いて良いかもしれませんね。

夏のデート服のポイント

夏のデート服選びのポイントは、清涼感と爽やかさです。

開放的な気分になる夏ですが、タンクトップなどワイルドで露出多めの服は逆に暑苦しく見えるのでデートでは避けましょう。

夏はブラックやホワイト、ブルーやネイビーなどのハッキリした色味の服がおすすめです。ハッキリした色味の服をコーディネートに加えれば、男らしい凛とした印象を与えて見る人に清涼感をもたらすでしょう。

また、汗をかきやすい夏は、汗染みや臭いを目立たせない吸湿性と速乾性に優れた服を選ぶことも重要です。

秋のデート服のポイント

秋のデート服選びのポイントは、落ち着きです。秋には、大人の男性をアピールできる落ち着いた色と大人しめのコーディネートがおすすめです。

ワインレッドやモスグリーンなどが秋色としてはオススメ。デニムを履くなら濃いブルー、パンツならカーキやダークグレーなどを選び、ジャケットやカーディガンなどの羽織ものアイテムでコーディネートを落ち着いた印象にしましょう。

さらに、秋はレザー素材のジャケットやスニーカーなどのアイテムも取り入れて、男らしい雰囲気にすることもできるかもしれません。

冬のデート服のポイント

暗い色味の服で、重苦しい印象のコーディネートになりがちな冬の時期。冬のデート服を選ぶときには、ふわふわした感じを意識するように心掛けてみてはいかがでしょうか?

女性の服は、冬服のほうがふわふわした素材で可愛らしいデザインのものが多いものです。ですから、男性のほうも女性に合わせて、ファー素材やもこもこしたニットなど、ちょっと可愛らしい要素を投入することで彼女のファッションとのバランスが取れたコーディネートになりますよ。

色はホワイトやライトグレーなどの薄い色で上品な色をだしてみてください。

ABOUTこの記事を書いた人

ウラン

30代の女性です。初デートは大学に入った直後くらい、5歳上の社会人の男性と。彼に子供っぽく終われないように雑誌をいっぱい買って必死で大人の女性を真似してた。今思うと、バカだなぁー。