初デートは食事だけにしておくのがおすすめ

まずは初デートを成功させないことには、2回目、3回目のデートにつなげることはできません。

好意を持っている相手に対して時間を短めにするというのは気持ち的に難しいかもしれませんが、初デートを食事だけにすることで「もう少し話したかった」「もっと知りたい」という気持ちを高めることができます。

名残惜しさを残すことで、次のデートに誘ったときにOKを受けやすくなるというメリットもあるので、初デートはぐっと気持ちを抑えて時間を短めに設定するのがおすすめです。

ただ、時間が短いからといって早く何とかしたいとガツガツしてしまうと「がっついてる」というのが丸わかりになってしまうので、焦らず相手との距離を縮めていきましょう。

ランチだけの初デートがお互い疲れなくて良い

初デートというのは、お互いに気を遣うものですし、緊張してしまうものですよね。

なので、丸々一日一緒に過ごすようなデートというのは、心身ともに疲れてしまう場合も少なくないんです。

気疲れしたり体力を使いすぎてしまうと、最後別れた後にホッとしてしまったり楽しくなかったという印象を与えてしまいがちです。

ですから、初デートはランチだけの方がお互い余韻が残って「もう少し一緒にいたい」という気持ちがでるくらいでちょうどいいんです。

また、ランチだけなら仕事の合間のお昼休みでもOKなので誘いやすいし、受ける方もそのくらいなら…と構えずに済むというメリットもあります。

どういった関係から初デートにこぎつけたのかによっても過ごす時間の長さというのは変わりますが、お互いドキドキしながら過ごす時間というのは想像以上に精神的な部分で疲れてしまうことが多いもの。

2回目、3回目のデートにつなげるためにも、もっと一緒にいたいのを我慢して初デートはとにかく短めにするのがポイントです。

食事だけのデートなので時間も短めで

食事だけのデートというのは、時間に限りがあります。その短い時間をいかに充実した時間を過ごすかがお互いの焦点になるため、短くても濃い時間を過ごせるはず。

仕事の合間なら有無を言わさずに終了の時間が来ますが、休日のときの食事だけのデートでも、ダラダラと過ごすことがないよう時間には十分配慮をするようにしましょう。

1時間以内にしなくてはいけないとか決まっているわけではありませんが、長くても1時間半から2時間以内にはデートを終了させるようにすることが大切です。

2回目、3回目のデートは食事だけにしてはダメ

初デートを食事だけに済ませ、2回目、3回目につなげることができたら、その時は食事だけで終了させず時間をある程度作ってもらって、食事+アルファのデートをしましょう。

なぜなのかというと、女性というのは誘ってもらった2回目のデートがまた食事だけだと、どういうつもりで誘ってくれているの?、ただの友達として誘われているんだろうか?と思ってしまうからです。

2回目のデートにこぎつけたら、食事の後か前には女性が好みそうなスポットに一緒にでかけてみましょう。

ただ、食事だけにしないとはいっても、遅い時間になってしまうほどみっちり一緒にいるのではなく、名残惜しさが残る程度で終わりにするのがポイントです。

もちろん、3回目のデートも同様に、あまり時間を気にする必要はありませんが、朝早くから遅くまでとか丸一日かかるようなデートではなく、お昼過ぎからや朝からでも夕方過ぎくらいに自宅に帰るくらいのデートプランがベストです。

ABOUTこの記事を書いた人

アーシア

30代の女性です。初デートは高校生の時、バイトで貯めたお金で買いたいものがあったんですが、それがミュージックプレイヤーで、ちょっとわからなかったのでそんなのに詳しい親友のお兄さんに付き合ってもらいました。その時に何かいいなぁっと思って、それから付き合うことに。