【2020年版】夏のデートにおすすめのメンズ服コーディネート

花火大会やお祭り、ビーチに野外フェスなどイベント盛りだくさんの夏は、デートにぴったりの季節です。

夏特有の開放的な気分が、二人の恋を盛り上げてくれること間違いなし。素敵な恋の思い出を作るためにも、デート服選びをおろそかにしてはいけません。

そこで、夏のデート服選びのポイントと注意点などをご紹介します。

夏のデート服選びのポイント

夏のデート服選びのポイントは、「清潔感」です。

Tシャツに黒スキニー、リネンシャツにチノパン、Tシャツにショートパンツなど、あらゆるコーディネートにおいて、まず第一に清潔感を大切にしましょう。

暑い日が続く夏の時期には、汗やにおいが気になりますよね。

どんなにコーディネイトに気を配っていたとしても、汗ジミや体臭予防に注意していなければ、すべて台無しに。汗っかきの自覚があるなら、吸汗速乾素材のアイテムを選ぶのもひとつの手です。

着心地を重視する人も多いですが、首元がヨレヨレになったTシャツは清潔感の欠片もないため、デート服にふさわしくありません。

Tシャツはシンプルなデザインだからこそ、シルエットが命です。デートに着ていくのであれば、形崩れをしていないものを選びましょう。

涼しく動きやすいショートパンツは、夏のデートに打ってつけのアイテムです。

しかし、丈が短すぎるものをはじめ、ポケットがたくさんあったり、裾の切り替えしが柄になっていたりするものは、子どもっぽく見えてしまいます。

膝の少し上の丈でシンプルな形のもの、ほんの少し光沢がある生地のショートパンツは、大人っぽく品良く見えるためデートにぴったりです。

夏におすすめの色合い

夏のデートの汗ジミ対策には、汗を掻いてもわかりにくい色の服を着ることが重要です。

基本的に、「白・黒・ネイビー」の3色は汗ジミが目立ちにくい色ですから、人一倍汗を掻く人であれば、これらの色の服をコーディネイトに取り入れてみましょう。

ただし、全身「白・黒・ネイビー」のみでコーディネートを完成させてしまうと、地味な印象を与えてしまいます。

また、全身一色だけのコーディネートは、相手に狂気を感じさせてしまうかも。地味な印象を避けるには、時計やスニーカーなどで、夏らしいビタミンカラーのアイテムを選ぶことができます。

ライトブルーやライム、ライトピンクなどの色の服は、一見爽やかに見えるかもしれません。しかし、明るくて薄い色の服は、汗ジミが目立ちやすいため気をつけましょう。他にも、ベージュやグレーといった落ち着いた色味の服にも注意が必要です。

もしも、薄い色合いの服を着るのであれば、リラックス感のあるビッグTシャツで取り入れてみては?ビッグシルエットのTシャツなら、重ね着ができるので、汗ジミの心配もありません。

夏デートにおすすめのコーディネート

で、実際どんなコーディネートをしたら良い?という人に、夏デートにおすすめのコーディネート例を紹介します。

20代~30代の女性に「自分が彼氏とデートするなら、どんなファッションが良い?」とアンケートした生の声の結果です。ぜひ参考にしてください!

ABOUTこの記事を書いた人

ウラン

30代の女性です。初デートは大学に入った直後くらい、5歳上の社会人の男性と。彼に子供っぽく終われないように雑誌をいっぱい買って必死で大人の女性を真似してた。今思うと、バカだなぁー。