カップル必見!映画デートで手を繋ぐ&距離を縮める3つのポイント

定番の映画デートは、付き合う前でも付き合ってからも楽しいもの。

「でも、付き合う前とデートの内容が変わらないのでは楽しんでもらえるか不安」だと感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、心配はいりません!昼間の映画館デートも楽しいですが、レイトショーや自宅での映画デートなど、交際中ならではのデートをすることもできます。いつもと違う雰囲気も楽しめ、もっと2人の距離を縮めることもできるかも・・・!?

今回はそんなカップル向けの映画デートのプランと注意点をご紹介したいと思います。

映画館デート(レイトショー)

お付き合いしてからも映画館デートはおすすめ!

お付き合いする前もしてからも、お互いの価値観を共有できる映画デートはおすすめです。

お付き合いしてから映画を観る場合、お付き合い前とは違ってレイトショーにも誘いやすくなります。お昼くらいからの映画もよいですが、21時くらいからなどの時間は休日より比較的人も少なく、いつもと違う大人な雰囲気に・・・。

特に、数回デートを繰り返しているというカップルの場合、マンネリを防ぐことができるかもしれません。

お値段も安く観られるレイトショーは、仕事終わりに寄りやすいというメリットもあります。上映までの時間に余裕がある場合は一緒に晩御飯を食べてから観に行くこともできますよ。

レイトショーを観る場合に注意する3つのポイント

ポイント① 途中で寝ない!

映画館のデートでは、途中で寝てしまうのは厳禁。寝てしまうと「つまらないのかな・・・。」と相手の女性を不安にさせてしまうこともありますし、いびきをかいてしまっていたら恥ずかしい思いをさせてしまうこともあります。

眠気を感じたらキシリトール系ガムを食べるなど寝ない工夫をしたいですね。

ポイント② 上映前にショップをチェック!

レイトショーが終わるとショップもしまっている可能性があります。「一緒にお買い物がしたかったのに・・・。」と残念な気分にさせてしまわないように、あらかじめショップに寄りたいかどうかの意見は聞いておくのをおすすめします。

相手の女性がお買い物もしたいという場合は上映前にチェックしておくようにしたいですね。

ポイント③ できれば車で送り迎えを!

この時間の映画は夜遅くに終わるので、女性の場合帰り道がちょっと不安だということもあります。レイトショーを楽しむ場合には、車で送り迎えしてあげられるようにしたいですね。

レイトショーの場合、映画を見終わった後にカフェなどでゆっくりとお話する時間がなくて残念だという声もありますが、車なら車内で映画の話をすることもできて充実した時間を過ごせますよ。

家での映画デート

お家で映画デートは交際中の特権!

自宅でゆっくりと2人で観るのも、お付き合いをしているカップルの特権。お付き合い前では2人きりで家で寛ぐことなんてなかったでしょうから、かなり親密度も増しますよ。

特に「初めてお家に呼ばれて・・・」という時には女性も緊張していることもありますので、映画を観て緊張を解せるのは嬉しいところです。

そんなお家デートでは、自分たち好みにムード作りや会場作りをするという楽しみ方もあります。また、なるべく上映中は話かけたりトイレに行ったりしない方がよいですが、映画館と違って周りに迷惑がかかることはありませんし、一時停止や巻き戻しをすることができますので、お互いに気負わずリラックスして観ることができます。

また、お家デートで映画を観る場合は、時間に余裕があれば1本だけでなく続けて観ることもできますので、シリーズものの映画を観るのにも向いていますよ。

また、映画館では中々観られないようなB級映画なども楽しめるので、周りは中々知らないコアで面白い作品に出会うことができるかもしれませんよ。

家で映画を観る場合に注意する3つのポイント

注意するポイント① 自宅を清潔に!

家でデートをする場合に気をつけたいのは清潔感です。部屋や食器が片付いていないのはもちろん、布団が起きたままの状態になっていたりホコリが落ちていたりするのもだらしがない印象に・・・。

特に初めてお家デートをするという場合は、女性からしたら最低限片付けて掃除機くらいはかけておいてもらいたいところです。

何度目かのデートで「実は掃除が苦手で・・・。」と打ち明けられると「じゃあ、今までずっと私のために頑張ってくれていたんだ」と好感度を上げられますし、頼られて嬉しく感じる女性なら「仕方ないなぁ」なんて言いながら片付けてもらえるかもしれません。

なんだか好感度を上げるために伏線を張っているみたいですが、頑張って下さい!

注意するポイント② 寛げるムード作りを!

ムード作りも何もかも自分たちでできるのもお家で映画を観ることの魅力です。ワイワイ言いながら一緒に買い出しをしたりお料理をしたりして映画の途中につまめるようにするのは楽しいですよ。

映画を観る以外にも一緒に色々なことをするだけで、いつもとは違う楽しいデートができますよ。

また、間接照明などにこだわってお部屋をムーディーにしたり、いつもよりもリラックスした部屋着を用意したりして2人で寛ぐのもおすすめですよ。

注意するポイント③ 距離感に注意!

お家で映画を観ている場合は、映画館と違って好きな場所から観られるため、映画館よりも距離が遠くなってしまいがちになります。

近すぎるのも落ち着きませんが、あまり離れてすぎていると反対にソワソワと落ち着かない気持ちになる女性もいます。できれば映画館と同じように「手を伸ばせば繋ぐことができる」くらいの距離で観られるようにしたいですね。

はじまる前に遠くに座ってしまったという場合は、飲み物などを持ってきたりトイレなどで席を立った時に近くに座るようにしたりするとよいですよ。

映画で手を繋ぐ&距離を縮めるための3つのポイント

ポイント① 上映中の手の繋ぎやすさは映画選びで決まる!

映画館デートで手を繋ぐためには、恋愛もののようなムードがある映画を選ぶのがおすすめです。すれ違っていた主人公たちがお互いに理解を深めて和解するなど、いいムードの場面で手を繋ぐことができると、女性もドキドキしてくれるかもしれませんよ。

また、ホラー映画は一見手を繋ぎやすそうですが、人によっては本気で嫌がりますし、トラウマになってしまうこともありますので要注意です。観れる場合は相手の様子を見て、怖がっている感じがしたら手を繋いであげると、きっと頼もしく感じてくれますよ。

一緒に楽しむだけならコメディなどもよいですが、終始笑いっぱなしの映画だと上映中に手を繋ぐ難易度は高くなってしまいます。それよりはまだ、感動するドキュメンタリーなどの方が泣いている時に手をそっと繋ぎやすいと思います。

いずれにせよ、映画を選ぶ時には自分の好みだけでなく相手の女性が「何を観たいのか」や「どんなものが好きなのか」にも配慮するのが大事です。映画館で観る場合も家で観る場合も自分1人で決めずに一緒に選ぶようにしてあげてくださいね。

ポイント② マナーを守る!

相手を思いやるのは何より大事。

イチャイチャしたくても真剣に観ているところの邪魔をされると、相手の女性に嫌がられてしまうこともあります。映画館であれば上映中でなくても席に移動する時に段差を心配して手を繋ぐこともできますし、映画が終わった後にそっと「行こうか」といってさりげなく手を重ねて繋ぐこともできます。

女性が集中している時にはそっとしておいて、移動する時に手を繋いだ方が喜んでもらえることもあります。

飲食の音がうるさかったり携帯が鳴ったりというのもマナー違反。映画館で映画を観る場合でも家で映画を観る場合でもやめて欲しいところです。

ほかにも、周りに迷惑をかけてしまうようなことをしてしまうと、手を繋いだり2人の距離を縮めたりするどころか幻滅されてしまうこともありますので気をつけて下さいね。

ポイント③ 映画の感想はなるべく盛り上げる!

映画デートは観て終わりではなく、その後「どのようなシーンでどのように感じたか」などの感想を語り合うのも醍醐味です。

でも、肝心の映画が「あまり面白くなかった」という時には注意が必要です。いきなり映画自体を真っ向から否定すると、相手の女性が面白いと感じた部分をばっさりと切り捨ててしまって気まずい思いをしてしまうかもしれません。それでは中々2人の距離も縮まりませんよね。

作品を否定するよりはよいところを拾った方が、「そういう見方もあるんだ」と彼女も喜んでくれるかもしれません。また、お互いに「ちょっとつまらなかったな」と感じている時にも冗談めかして笑わせてくれる方が好印象ですよ。

ABOUTこの記事を書いた人

oshim

メディア向けの記事ライターをしているoshimです。夜景がキレイなお店に行くなどロマンチックなデートも素敵だと思いますが、どちらかというとスポーツやゲームセンター、カラオケなど相手と一緒に楽しめるデートの方が惹かれます。今までで1番楽しかったデートは"食べ歩き"。次の日2kg程太って後悔しましたが、ラーメンや焼き鳥、ケーキなど好きなモノをいっぱい食べられて大満足でした!またダイエットしてから挑戦したいなぁ。