キャンプデートって何するの?おすすめプランと成功させるコツ

「今までいろんな所にデートに行ったし、ちょっと変わったことをしたいな……」と考えているなら、意外性のあるキャンプデートはどうですか?

カップルでキャンプに行くなんて、なかなか想像しにくいかもしれませんが、アウトドア派の2人なら楽しめること間違いなしです。

キャンプデートに行くなら、事前の準備をしっかりすることと、アウトドアに不慣れなら無理せず施設を活用することが、ストレスなく楽しむコツです。

アウトドアの良さを感じてもらうことももちろん大切ですが、できるだけ女性の気持ちを考え、快適に過ごしてもらう方が、デート自体も楽しくなるはずです。

男なら我慢できることでも、女性は我慢できないかもしれないことを念頭に置いて、キャンプ場探しや遊びのプランを考えた方が得策です。

上記を踏まえたうえで、キャンプデートを成功させるためのポイントをいくつか整理してみましょう!

キャンプデートではBBQ・釣り・花火・星空観察などを楽しむ

さて、いざキャンプデートをするといっても、「キャンプ場でどんなことをして遊べばいいの?」と、思ってしまいますよね。

キャンプ場についたら、荷物の整理や寝床の準備(テントの場合)など、まずはやることがたくさんありますが、それさえ済んでしまえば、かなり時間に余裕ができます。

その時間を、退屈せずにどう過ごすかがキャンプデートのカギです。

とはいっても、普段から何気ない会話で長い時間盛り上がることが多いカップルなら、そこまで気にしすぎなくても楽しく過ごせるかと思います。

トランプなどを持ってくる手もありますが、2人ではそこまで盛り上がらないかもしれませんし、家でもできるので、せっかくですからキャンプ場でしかできないことを楽しみましょう!

  • BBQをしながらちびちび飲む
  • 釣り堀で釣り
  • 花火
  • 夜が更けたら星空観察

上記のようなことをして、キャンプデートならではの思い出を作りたいところです!

女性は特に、汚いトイレには抵抗があります。それに、汗をかいたのにシャワーを浴びることができなければ、かなりストレスです。

トイレやシャワールームがあり、しかもキレイであることを含めて、キャンプデート初心者の場合、できるだけ設備の整ったキャンプ場を選んだ方がいいです。

無理にテントを準備しなくてOK!コテージがあるキャンプ場を利用する

アウトドア経験がほぼない場合、「ちゃんとテントを張れる?」あるいは「ちゃんと火をおこせる?」と心配ですよね。

実際、スムーズにテントを張るのはある程度アウトドアの経験があるか、よっぽど組み立てが簡単なテントでないと難しいです。

うまくテントを張れる自信がないのに、当日何とか頑張ろうとしても、やっぱりうまくいかない可能性があります。準備がうまくいかずモタモタしていると、せっかくのデートなのにイライラしてしまいます!

だったら最初から無理をせず、コテージに宿泊するタイプのキャンプ場を利用した方が無難です。

「キャンプをしたことがない!」という女性の場合、テントであっても屋外で寝るのは抵抗がありますしね。

キャンプ場へ行くなら服装の準備は入念に!

キャンプデートをする場合、当日どうするかよりも、事前の準備の方が大切だったりします。特に重視しておきたいのは、服装の準備です。

夏場でなくても、外で活動していれば汗を多くかきますので、お互い肌着は多めに持ってきていた方がいいです。

また、靴下も多めに持ってきておいた方が安心です。さらにできれば、水で濡らしたときのために、予備の靴があってもいいかもしれません。

キャンプデートをするからには、虫よけスプレーなどで虫刺され対策をするとは思います。しかしそれでも、軽装すぎると虫刺されのリスクは高くなります。

「薄着の方が楽!」かもしれませんが、薄手の長袖の方がオススメです。

また、足元はサンダルではなくスニーカーの方が適しています。素足だと、草などで足をケガしてしまう可能性があるからです。

ABOUTこの記事を書いた人

大阪府在住でライターをやっています。印象に残っているデートは水族館デートです。とっても大きなカニを見たり小魚の群れを見たり、水辺に住まう可愛い生き物を愛でたりして、それなりに楽しかった思い出があります。イルカショーで真っ白のイルカを見て、「いやいや美しすぎやろ!」って感激しました。ちなみにその日は晩ご飯にお寿司を食べに行きました。