付き合う前でも付き合ってからもOK?夜桜デートのプランと注意点

お昼とは違った幻想的な雰囲気の桜が楽しめるのが夜桜デート。

お付き合いをしている人はもちろん、告白前の人にもおすすめのデートです。でも、何時くらいから、どんなデートをすると相手の女性に喜んでもらえるのでしょうか?また、場所選びのポイントや注意したいポイントは・・・?

夜桜デートで「2人の距離をもっと縮めたい」「楽しいデートをしたい」と考えている方必見ですよ!

夜桜デートは3パターン!相手との関係でチョイスして

付き合っている状態でもこれから告白をするという状態でも、夜桜デートは前もって「この日にデート!」と約束していくのではなく、仕事帰りに一緒に軽く寄ったりご飯のついでに散歩したりというカジュアルな感じが嬉しいという女性は多いです。

そんな夜桜デートでおすすめなのは次の3パターンです。

  1. ディナーの前か後に桜がキレイに見える道を散歩
  2. ベンチに座って屋台やコンビニなどで買ったもの(お酒、おつまみなど)を飲食
  3. 桜が見える居酒屋やカフェで桜を見ながらディナー

まだ付き合っていなかったり付き合って間もなかったりという場合は、1や3がおすすめです。これらのデートは雨の場合でもおすすめです。キレイな桜を見た後や見ながらなら会話も弾みますよ。

ただ、どちらの場合もお店は普段よりも花見客で混んでいること可能性が高いので予約をしてから行くようにしたいですね。

付き合っている場合も1や3のデートでも十分楽しいでしょうが、気兼ねしない良い関係になっている場合は2の楽しみ方をしてみたいですね。

特に屋台の料理はお祭りみたいでテンションが上がるという女性は多いですよ。2で桜と屋台のお料理を楽しんだ後は、カフェや居酒屋で少しお話ができるといいですね。

どんな場所での夜桜デートがいい?

お花見で有名な公園は、キレイにライトアップしていたり屋台が立ち並んでいたりしていて楽しいもの。

でも、そんな有名なお花見スポットは連日多くの人で賑わっているのでデートにはちょっと不向きです。仕事帰りで疲れている時には、ムードのある静かなところでのんびりしたいと考えている人はとても多いですよ。

そこでおすすめなのが、ちょっとマイナーな場所での夜桜

先にコンビニで何か購入してから公園や河川敷に行くとスマートに楽しめますよ。仕事帰りは疲れてしまっているので、なるべく右往左往しない方が女性は嬉しいものです。

当日に「屋台があるか確認してからコンビニに行こう」と言うよりも、先に買って気になる屋台があった場合には追加で購入するという形を取りたいところです。

有名な公園でも、意外と人がいない穴場スポットがある場合もあります。

そんなスポットは夜間のライトアップがされていないことも多いですが、簡易ライトやシートを持参することでキレイな桜を楽しむことができることもあります。事前にリサーチしておくと屋台もムードも楽しめる素敵な夜桜デートができますよ。

また、夜桜デートでは近場や行き帰りがしやすい公園を選ぶようにするのもポイントです。夜なので2人で過ごす時間も短くなってしまいますし、仕事で疲れている時に遠出はつらいものです。

また、お酒も入ることもありますので帰りやすさはかなり大事です。職場から寄りやすい場所や2人の職場の間などで探すようにしたいですね。

夜桜デートの時間はどれくらいが理想?

夜桜デートは、暗くなるかならないかくらいの時間に待ち合わせをするのがおすすめです。時間でいうと大体18時くらいが理想です。

デートのプランにもよりますが、外で夜桜を楽しむ場合には大体1時間くらいで切り上げるようにしてください。春とはいえど桜の季節はまだまだ肌寒いので、早めの切り上げが肝心です。

夜桜の後にカフェに行く場合は1~2時間、居酒屋に行く場合は2~3時間を目安にすると、帰る時間も遅くなりすぎません。

特に、まだお付き合いしていないという場合は21時~22時くらいには解散しておくと誠実な印象を持ってもらいやすいですよ。

相手への気配りも忘れずに

どんなデートでも、女性が見ているのは「相手の優しさ」。付き合っていても付き合っていなくてもそれは変わりません。

特に、夜桜デートをする時には次のような点に気を付けると女性からのポイントがアップするはず。

冷えてきた時に上着やマフラーを貸してくれる

桜の時期の夜間は、歩いている時は大丈夫でも座ったり立ち止まったりすると途端に寒くなってしまうもの。

特に女性の多くは男性よりも冷えを感じやすいので、笑顔を見せていても内心は寒いのを必死に我慢しているということもあります。

そんな時にマフラーなどの防寒具や上着をさらっと貸してもらえると女性からの好感度はグングンあがりますよ。

写真を一緒に撮ってくれる

夜桜の時に「せっかくだから写真を撮りたい」と思っている人は多いです。

でも、切り出したくても「夜桜デートのムードが壊れてしまうかも」とか「相手が写真嫌いだったら…」などで躊躇してしまう女性は実は結構います。

そんな時に男性から「一緒に撮ろうよ!」とリードしてもらえるとありがたいです。『写真を撮る=思い出を残したいと思っている』ということ。そう考えるとどんどん写真を撮りたくなってきますよね。

歩くときにも気にかけてくれる

夜桜デートでは人ごみの中を歩いたり薄暗いところを歩いたりしますので、実は移動にストレスを感じてしまうという女性は多いです。

仕事終わりならヒールを履いているということもあって足場が不安になってしまうということもあります。

そんな時に手を繋いでしっかりと道を誘導してくれたり、転ばないように気をつけてくれたり、歩調を合わせてくれたり、疲れていないかチェックしてくれるのはかなり嬉しいポイントです。

こういった気配りができると、2人の距離はグッと縮まるかもしれませんよ。

夜桜デートで告白するのはアリ?

女性は付き合う前でもすでにある程度親密な関係が築けていれば夜桜デートに誘ってもらえたら嬉しいもの。

夜のデートというのはお付き合い前では基本的に敷居は高いものですが、夜桜デートのようなイベント系は女性も誘いに乗りやすくなります

付き合う前に夜桜デートをするという場合には、告白をすることも考えておきたいところです。相手の女性も誘われた時に「もしかして今日告白されるのかも」と期待していることもあります。

キレイな桜の下や夜桜を楽しんだ帰り道などはロケーションとしても最高。

女性が大好きなドラマチックな雰囲気なのでOKしてもらいやすくなるかもしれませんよ。告白する時には、人目につかない静かなところを選ぶようにしたいですね。

ただ、まだ告白を考えられる程仲良くないという場合には、夜桜に誘われること自体「なんで急に?」と不審に思ったり警戒してしまったりしてしまうかもしれません。

そんな場合は、夜ではなく昼にお花見に誘ってもう少し2人の距離を縮めた方がいいかもしれませんね。

ABOUTこの記事を書いた人

oshim

メディア向けの記事ライターをしているoshimです。夜景がキレイなお店に行くなどロマンチックなデートも素敵だと思いますが、どちらかというとスポーツやゲームセンター、カラオケなど相手と一緒に楽しめるデートの方が惹かれます。今までで1番楽しかったデートは"食べ歩き"。次の日2kg程太って後悔しましたが、ラーメンや焼き鳥、ケーキなど好きなモノをいっぱい食べられて大満足でした!またダイエットしてから挑戦したいなぁ。