デートをドタキャンされた場合の理由別対処法

デートをドタキャンされてしまうのってショックですよね。前々から楽しみにしていたとか、誘うのにすごく勇気を出したとかであれば、なおさらです。

なんで?どうして?って思うのは普通のこと。でも、その一方で、今後のことを考えるとドタキャンされてしまった後が重要というのも事実です。

このまま彼女を追いかけても行けそうなのか?それとも諦めた方が良いのか?

ドタキャンされた理由から今後の対処法を紹介します。

LINE・メールなどでデートのキャンセル連絡がない場合

連絡なしのドタキャンって辛いですよね。待ち合わせ時間になっても相手が現れず、連絡もなしという状況です。

まずは落ち着いて、こちらから連絡をしてみましょう

こんなとき、相手も多少は気まずさを感じているはずなので、電話に出てくれる可能性は低いです。着信履歴もプレッシャーに感じます。メールやLINEなどで連絡するのがいいです。

数時間後に連絡してくるということもありますので、気を落とさないでください。

無視されているのに連絡しつづけてもあまりいい印象を持ってもらえないことが多いので、一度連絡したなら向こうからの連絡を待つのがベスト。

こちらから連絡したのに返信がない場合は、残念ながら脈なしと言えそうです。諦めた方が良いです。

デートの前日にキャンセル連絡が来た場合

「ドタキャン」の語源は「土壇場(直前)で一方的にキャンセル」することだそうです。

どこまでが「直前」か?というのは、仕事やアルバイトなど「契約」の伴うものと、デートなど個人間での「約束」のいずれかによっても変わってくると思います。

デートはデートでも、旅行の予約をしてあるのなら、また状況は違いますよね。

私は、泊まりではないデートの場合、前日にキャンセルの連絡をしてくるというのは、むしろ脈ありでは?と思います。

ドタキャンは、相手にいい印象を与えません。ですから、「もう誘ってこないでほしいな」という意思表示として、わざとドタキャンするというのも女性側の心理としてあります。

その場合、デート当日、あるいは連絡なしでドタキャンするのが、相手としては一番傷つくわけです。

女性がデートの前日にキャンセル連絡をしてきた場合、当日いけなくなった理由があって相手に対して「当日に連絡するのは悪いな」という気持ちが働いている証拠です。

デートの前日にキャンセル連絡が来た場合は、すぐに別の日程でデートを提案するのも、とても自然でOKしてくれる可能性が大きいです。

落ち込まずに元気を出して、次のデートに備えましょう!

デートの当日にドタキャンされた場合

当日になってのキャンセル。まさにドタキャンですよね。

こんなときは、すぐに次の予定を聞くのはやめておいたほうがいいかもしれません。

急に都合が悪くなってしまってキャンセルということは、相手は忙しかったり、具合が悪かったり、何か緊急事態が発生した可能性が高いです。

そんな相手を尊重して、落ち着くまで待つという姿勢が次につながるはずです!

とりあえず連絡は来てるわけなので、心を大きく持って、2〜3日後に再び連絡してみてはいかがでしょうか?

仕事を理由にドタキャンされた場合

仕事を理由にドタキャンされた場合、まずは疲れている相手の忙しさをねぎらうような言葉をかけるのがおすすめです。

「仕事が終わって時間があったら電話してね」というメッセージで脈ありかを試してみるのもいいかもしれません。

本当にデートに行きたかった好きな相手からそんなメッセージをもらえたら、女性は必ず電話してしまうと思います。

もし電話があれば、脈ありです。

仕事の疲れとドタキャンの罪悪感を癒すような優しい言葉をかけてあげてくださいね。必ず次のデートの約束もしときましょう!

風邪を理由にドタキャンされた場合

風邪などの体調不良でドタキャンされた場合、まずは相手の体調を気遣う言葉をかけましょう。

電話では負担になることもあるので、メールやLINEが無難です。

その場で次の予定を決めるのは我慢して、2〜3日後に様子を伺ってみるといい返事が返ってくる可能性があります。

ドタキャンを防ぐためにこまめな連絡を!

ドタキャンの場面・理由を紹介してきましたが、正直一番多い理由は「なんとなく、めんどくさくなっちゃった」だったりします。

もちろん、正直にそう伝える女性はいないと思うので、理由が仕事や風邪でも実際には本当なのかは分かりませんよね。

約束をした段階ではとても楽しみにしていたけど、時間がたつにつれて熱が冷めてきしまった。そんなとき、他の楽しそうなイベントに誘われて・・・というようなパターンです。

だったらドタキャンじゃなくて、もっと早く言っといてよ。っと思うかもしれませんが、人間の心理としては断るのは抵抗あるのでどうしても先延ばしになっちゃうのが普通です。

こんな残念な理由のドタキャンを防ぐことができたら一番いいですよね。

そのためには、こまめに連絡を取ることが大切です!

前日の「明日楽しみだね!」というようなフォローはもちろん、数日前、一週間前にも、相手の気持ちを盛り上げるメッセージや電話がカギです。

前日までちゃんと連絡をとっていて返信をもらえていれば、当日全く連絡がつかないタイプのドタキャンはかなりの確率で防げると思います。

また、ドタキャン防止になるだけではなく、当日までに二人の距離を縮めることにもなります。

デートの当日が二人の気持ちが一番盛り上がるようなメッセージのやり取りをしてデートを成功させましょう。














お友達にもご紹介下さい!