遊園地デートって何するの?遊園地デートを成功させるポイントとおすすめデートプラン

デートスポットの定番とも言える遊園地。

1日しっかり一緒にいられる日のデートの選択肢として、かなり早い段階で入ってくるのではないでしょうか。

今回は、「大好きな彼女とめいっぱい遊園地デートを楽しみたいけど、遊園地自体にあまり行ったことがないので、きちんと彼女に楽しんでもらえるのか不安」という男性に向け、遊園地デートを成功させるためのちょっとしたポイントやデートプランをお伝えします。

遊園地デートを成功させるポイント

遊園地デートにおける“楽しい”の部分は、アトラクションがカバーしてくれるので、「楽しんでもらえるかどうか?」はそこまで気にしなくても大丈夫です。

そこでさらにプラスアルファ、大好きな彼女に「いいデートだったなぁ」と思ってもらうには、アトラクション探しやアトラクション待ち中の態度など、ちょっとしたポイントがカギになります。

以下で、遊園地デートを成功させるための4つのポイントをお伝えします。

前売り券を購入する

彼女と遊園地デートに出かけるなら、絶対に前売り券を購入しておくことがオススメです。

人気遊園地の場合は、入園チケットを買うための行列ができています。

特に土日であれば、遊園地に入るために数十分並ぶことも普通にあります。

デート当日に並ばずに入れる前売り券を準備してくれていたら、遊園地デートをスムーズに開始できますし、「ちょっとした段取りをちゃんとできる人なんだなぁ」とトキめくポイントにもなります。

乗りたいアトラクションのファストパス(優先券)があれば、用意しておくとなお良いです。

アトラクション選びでは積極的に意見を出す

「遊園地に行き慣れている!」という男性はおそらく少ないでしょう。

遊園地デートの楽しみ方というより、遊園地の楽しみ方自体が分からないという男性もいるのではないでしょうか。

でも、彼女にアトラクション選びを丸投げしてしまうのはNGです。

彼氏が「何でも好きな乗り物に乗っていいよ」と優しさのつもりで言っているとしても、彼女は「本当は乗り気じゃないのかもなぁ」と考えてしまう可能性があります。

せっかく遊園地デートをするなら、「何でもいいよ」と言われるより「これに乗りたい!」

と主張してもらえる方が、一緒に楽しんでいる感じがして嬉しいです。

彼女が疲れないように適度に休憩をはさみつつ、交代で行きたいアトラクションを決めるのがいいのではないでしょうか?

待ち時間はできるだけスマホを封印する

遊園地デートの課題点といえば、”長い待ち時間をどう過ごすのか”という点です。

人気遊園地の人気アトラクションであれば、3時間待ちもザラです。

「彼女を退屈させないように、できるだけたくさん楽しい話題を振った方がいいかな?」と思うかもしれませんが、実際のところ楽しいおしゃべりはそこまで重要ではありません。

それよりも意識してほしいのは、スマホばっかり触らないことです。

例え待ち時間であっても、せっかくデートに来ているのに、彼氏がスマホのゲームばっかりやっていたら、幻滅してしまいます。付き合って間もない時期だったら、なおさらです。

無理して話をたくさんする必要はないので、暇でもつまらない顔や態度を見せないように気をつけましょう。

早めに遊園地を出て疲れすぎないよう配慮

「せっかく遊園地に来たのだから、朝から晩まで楽しんで、できるだけ乗り物に乗らないともったいないかなあ?」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

遊園地内を歩き回ったり、長時間並んだり、絶叫系のアトラクションに乗ったり……。

ちゃんと休憩時間を挟んでいても、遊園地デートは意外と体力を使うもの。気を遣って言わないだけで、彼女は結構疲れてきている可能性が高いです。

10時ぐらいに遊園地デートを開始したとしたら、16時か17時ぐらいに遊園地を出てもいいくらいです。早めに遊園地を出たら、カフェなどでゆっくり足を休める時間があれば嬉しいです。

ただ、夜にパレードなどのイベントがある場合は、いい思い出になるので楽しんでから帰りましょう。

集合時間を少し遅めにしておけば、へとへとにならず夜まで遊園地デートを楽しめます。

ABOUTこの記事を書いた人

阪上 万月

大阪府在住でライターをやっています。印象に残っているデートは水族館デートです。とっても大きなカニを見たり小魚の群れを見たり、水辺に住まう可愛い生き物を愛でたりして、それなりに楽しかった思い出があります。イルカショーで真っ白のイルカを見て、「いやいや美しすぎやろ!」って感激しました。ちなみにその日は晩ご飯にお寿司を食べに行きました。