カラオケデートを思いっきり楽しんで成功させるポイント

カラオケデートは、歌う曲やノリを通して、お互いを深く知るキッカケになる場所です。付き合ってから日の浅いカップルにも、人気のデートスポットです。

男性も、彼女の歌声やはしゃいでいる様子を見られますから至福のひと時となりますよね。今回は、彼女との初めのカラオケデートを思う存分楽しむための方法をご案内します。

最適な利用時間は?曲選びは?NG行動って何?など、あらゆるカラオケデートの疑問を解消していきます。

最初のカラオケデートなら滞在時間は短めにしよう

カラオケデートの最初の疑問は、時間設定です。

たいていのカラオケ店では、1~2時間または3時間以上のフリータイムというように、カラオケルームの利用時間を最初に決めると思います。

この時、彼女と楽しみたいからといって、フリータイムで長居を決め込むのはおすすめしません

初めてのカラオケデートですから、まだお互いのカラオケでのノリや、どんなジャンルの曲を歌うのか分からない状態ですよね。もしもお互いにノリと趣味が合わな過ぎてしまった場合のフリータイムは辛すぎます。

料金がお得なフリータイムですが、あまり欲張りすぎず、2時間くらいの滞在にするのがおすすめです。楽しかったら、次回フリータイムにすれば良いですし、案外2時間も長丁場ですよ。

カラオケにもご飯はありますが、2時間という枠の中で食事もするのは忙しいです。食事は、カラオケが終わってからゆっくり食べるのがおすすめです。

カラオケデートで歌う曲は自由に選ぼう

カラオケでは、お互いに好きなジャンル、歌手の曲を思う存分楽しんで歌いましょう。

無理に相手に合わせすぎると意外性も何も見えてきません。別のジャンルを歌ってみるとそれを機会に彼女も気に入ってくれるかもしれませんので、選曲は自由にしてください。

演歌やアニメ、懐メロなども、好きなら面白いので大丈夫です。ただ、ウケ狙いで渋い曲ばかり歌われると、彼女もリアクションに困ってしまいます。ほどほどにしておきましょう。

音痴でもノリ良く楽しむのがカラオケデート

音痴だと自覚していると、カラオケデートは不安でいっぱいになりますよね。声を聴いて不快じゃないかなあ、下手過ぎて呆れてないかなあなど、どんどん恥ずかしくなっていきます。

でも、カラオケデートはノリ良く楽しむ場所です。歌手のコンサートを聴きに来ているわけではありませんから、上手い下手は二の次。

殻に閉じこもって無難なパフォーマンスを続けると、彼女も委縮して遠慮してしまいます。ここは音痴でも、思いっきり楽しむのがベストです。

音痴を誤魔化すコツとしては、テンポをアップさせるとリズムと音程が取りやすくなりますよ。カラオケデートで実験してみてください。

逆に、彼女が音痴である時も同じです。ノリ良く手拍子をして、声可愛い!などと褒めてあげれば、彼女も自分を解放してくれます。音痴な部分もさらけ出してこそ、楽しいカラオケデートとなります。

カラオケデートでの注意点

カラオケデートでは、2人で来ているので、マイクの主導権は交互にしましょう。

歌が上手で自信がある男性に多いのが「連続曲入れ」。歌で熱い想いを届ける!という目的であったとしても、今回はデートですから、基本ルールは守りましょう。

そして、彼女が頑張って歌っている時に、選曲に夢中になり過ぎるのもいけませんね。自分が歌っている時、反応をしてくれる人がいないのは悲しいものです。

選曲も、スムーズに歌い続けるためには大事ですが、曲の入り~サビ~1番の終わり部分までは、手拍子してのってあげてください。曲の2番くらいになってから、探し始めるのが良いタイミングだと思います。

たまには共通で歌える曲を入れてデュエットしたり、フリードリンクを一緒に選びに行ったり、2人でしかできないことして、カラオケデートを仲良く楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事を書いた人

七戸 美智子

潜在意識スカラーとして、潜在意識Labを運営しています。 思い出のデートは学生時代。他の大学の彼氏と。彼の通っている大学で、学内探検デートをしました。食堂や教室、景色の良い場所などを案内してくれました。彼のテリトリーに私を入れてくれたことが、とても嬉しかったです。