付き合う前の初デートで手をつなぐのはアリ?何回目のデートで手を繋ぐ?

「手を繋ぐ」というのは、ボディタッチの最初のハードル。デートの時に手を繋ぐことができると相手との距離も縮まって異性として意識されやすくなります。

でも、手を繋ぐタイミングは中々難しいもの。早すぎると警戒されたりイメージが悪くなってしまうこともあるかもしれませんし、遅すぎると2人の仲が進展しなかったり最悪の場合は終わってしまうことも…。

そこで疑問なのが「大体何回目のデートで女性は手を繋ぐのを嬉しいと感じてくれるのか」ということ。今回はそんなデートの時の女性視点で手を繋ぐのに最適なタイミングを考えてみました!

初デートで手を繋ぐのはやめておくのが無難

手を繋いだデートは2人の距離も縮めることができるので、交際中の彼女となら初デートでもぜひ取り入れたいところです。相手の女性も繋いでほしいと思っていることも多いです。

ただ、まだ付き合っていない女性と初めて2人で会ってデートをするという場合はやめておいた方が無難です。

相手との距離を早く縮めたい人からすると「デートに誘ってOKをもらったんだから手を大丈夫でしょ?」と考えてしまいがちですが、まだお付き合いしていない男性からのデートのお誘いでも友人感覚でOKを出す女性は多いです。

そんな女性からすると、会ってすぐやお店を出てすぐなど「別に手を繋がなくてもいいんじゃない?」というところで急に手を繋がれるとビックリしてしまいます。

また、人によってはチャラいと受け止められてしまったりがっつかれている感じがしてひいてしまったりという女性もいます。

手を繋ぐということもスキンシップですから、女性は好意を持つ相手としかしたくないものです。無理に手を繋ごうとすると、警戒されてしまってデートが台無しということもあります。

相手が危険だったり、はぐれそうだったりというような何か特別な理由がない限り、初デートでは手を繋ぐのは避けたいですね。

そんな場合でも、手を繋ぐ時に「(手を触って)ごめんね?」という風に女性の気持ちに配慮を見せるようにすると好感度が上がりますよ。

2回目のデートでは相手との親密度で考えて

2回目のデートの場合は、相手との親身さ・距離感で手を繋ぐか判断するのがベストです。

女性が2回目のデートにOKをするということは、1回目のデートが楽しかったり好感を覚えていたりする証拠ですが、そんな気持ちの中でもレベルはあります。

まだ異性として見られていないという時に「手を繋いでいい?」と聞かれたら初デートの時と同じようにビックリさせてしまうこともあります。

それがきっかけで異性として認識してもらえることもありますが、場合によっては冗談として流されたりすることも・・・。

2回目のデートで手を繋ぎたい場合は、近づいても嫌がられない程親密になっていると感じてからがおすすめです。

歩いている時に手が触れそうな程近くに女性がいたり一緒に同じスマホを見たりなど、パーソナルスペースよりも近づいても嫌がったり緊張している感じがしなければ手を繋ごうとしても嫌がられる可能性は低いです。

多くの女性にとって、パーソナルスペースに好意がある男性以外が入ってくると警戒して身を固くしてしまいます。相手の女性にそれがないということは、かなり脈がある証拠です。

勇気を出して手を繋いでみましょう!

また、手を繋いでもよいのかわからない時や切り出しにくいという時には手を繋ぎやすいシチュエーションの時に切り出すのがおすすめです。

混雑している場所や足場が悪い場所、暗い場所を歩いている時には手をさしのべられたら大事にされている気がして嬉しいものです。

女性からの好感度もグングン上がりますよ。

3回目のデートまでには繋いでおきましょう

まだ付き合ってない段階の場合も、3回目のデートまでには手を繋いでおきたいところですよね。3回目のデートでも手を繋いでいなければ、その後も中々切り出しにくくなってしまいます

3回目のデートに誘ってもOKだった場合は、女性の好感度はかなり高い状態ですし、女性としても「そろそろアプローチがあるかも?」と思ってます。

相手の女性が異性として意識している場合は「手を繋ごう?」と誘ってくれるかもしれませんが、2人の仲の進展については女性からは中々言い出しにくいもの。

こういう二人の仲にとって大事なことは男性からアプローチしてほしいという気持ちが女性にはあります。ここで男性から自然に誘ってもらえると嬉しいですし、ホッとする同時に、あなたへの好感度はさらに上がるはずです。

いつまでもデートで手を繋がないと・・・

中々勇気が出なかったり、駆け引きのつもりでいつまでも手を繋がなかったりということもあるかもしれません。でも、何度もデートをしているのに手も繋いでくれないと、相手の女性としても不安になってしまいます。

中々アプローチをしてもらえないとせっかく「良いかも!」と思われて恋人候補になっていても「気のせいだったのかな?」「自分に興味がないのかも・・・」と一気に男友達まで降格してしまうこともあります。

女性が言ってくれるのを待っているという人もいるかもしれませんが、デートを何度も重ねても手を繋げなかった場合は女性も自分から言い出すのが苦手な可能性が高いです。

お互い待っている者同士だと、2人の仲をこれ以上進展させるのは難しくなってしまいますよね。

ここは勇気を振り絞ってあなたの方から「手を繋ぎたいんだけど…」と早めに切り出すことをおすすめします。

それでも手を繋ぐのが難しい時は

告白の前に手を繋いで歩くと、女性としてもドキドキしますし「女性として見てくれているんだ」とお付き合いのための心の準備もできます。

それでも、手を繋ぐということもボディタッチの一種なのでハードルが高く感じてしまう人もいるかもしれません。そんな時には、手を繋ぐよりも先に告白をしてしまうのもありです。

告白後に初めて手を繋ぐと、女性も相手との距離が縮まったように感じられて嬉しいですし、誠実で頼れる人だという印象に思われます。

ロマンチックな場所でお互いの手をはじめて触れあうというのはドラマチックで心もときめきますので、ずっと思い出として覚えていてくれるかもしれません。

告白を先にしてしまう場合、男友達にカテゴライズされる前に告白する必要があります。3~5回目のデートくらいでは告白するようにしたいですね。

ABOUTこの記事を書いた人

oshim

メディア向けの記事ライターをしているoshimです。夜景がキレイなお店に行くなどロマンチックなデートも素敵だと思いますが、どちらかというとスポーツやゲームセンター、カラオケなど相手と一緒に楽しめるデートの方が惹かれます。今までで1番楽しかったデートは"食べ歩き"。次の日2kg程太って後悔しましたが、ラーメンや焼き鳥、ケーキなど好きなモノをいっぱい食べられて大満足でした!またダイエットしてから挑戦したいなぁ。