好きな女の子の初デートの誘い方、どのタイミングで誘うべき?

初デートに誘うのは緊張しますよね。最初の難関です。

どのように誘えば良いのか迷ったり、もうちょっと待ったほうが良いかなぁ、断れたらどうしよう・・・、ということは誰にでもあることです。

そこで今回は、初デートに誘うタイミングや誘い方、断られないために気をつけたいデートの内容や時間や断られてしまったときの対応まで、初デートに誘うのに必要なエッセンスをまとめてみました。

初デートの誘いを成功させたい人、より相手に満足してもらいたい人必見ですよ!

まずは、勇気を出して誘ってみよう!っと決めることから

気になっている女性と仲良くなるためには乗り越えなければならない壁はたくさんありますよね。そんな壁の最初にあるのが”デートに誘うこと”です。

上手くいくか不安に思う気持ちもあると思いますが、頑張って一歩を踏み出してみましょう!

デートをすると相手のことをもっと知れ、もっと親密になることができます。また、初デートの時は相手もじっくりと自分を見てくれます。そんなデートを何度も重ねることができれば大きな自信になりますよね。

デート中は気になっている女性の笑顔を独り占めできるという魅力もありますよ。

「でも、誘って断られてしまったら・・・。」と不安になる気持ちもあるかと思います。しかし、初デートの場合は、実はタイミングが悪かったりあまりに興味がなかったりといった場合以外は成功しやすいです。

単純に興味を持ってもらえて嬉しいという気持ちもありますし、女性1人で行きづらいお店やレジャーなどは正直誘ってもらえる方がありがたいものです。

「絶対にOKをもらうぞ!」という気持ちで、勇気を出して誘ってみましょう!まずはこの気持からです。

初デートに誘うタイミングはいつ?

勇気を持ったとして、次は、初デートに誘うタイミング。

早すぎない?もうちょっと待ってから・・・っと思う場合が多いと思いますが、時間が立てば立つほど誘いにくくなります

誘うタイミングは、知り合ってすぐなら早ければ早い程よいです。盛り上がったその日のうちやその翌日の方が女性も「楽しかったからまた会いたい」と思っていますのでお誘いは成功しやすいです。

また、1週間ほどLINEなどでやりとりをしてからデートに誘うのもアリです。

そのやり取りの期間がある分「ノリでOK」はもらえなくなってしまいますが、相手の興味や好きなことをリサーチすることができますので初デート自体の成功率も上がりますよ。

職場や学校で何度も顔を合わせているという場合には、女性との親密度が鍵になります。

すでに(他の人も含めて何人家のグループでも)ご飯を一緒に食べたり遊んだりしたことがあるという場合は、大抵の場合は初デートの誘いにはのってくれます

また、1~2日に数回LINEやメールでやりとりをしていたり、1週間のうち何回か電話をしたりというのは親密度が高い証拠です。

それだけでなく、会った時によく笑顔を見せてくれたり、パーソナルスペースに自然に入れたり、ボディタッチがあったり・・・といった場合にも好感を持たれている可能性大です。

この場合はほぼ間違いなくOKもらえるはずです。ぜひともデートにお誘いしてみましょう!

ただし、注意したいのが、LINEやメールでの反応や会話の内容です。

「スルーをされて返信がない」「当たり障りがない言葉しか使ってもらえない」などはもちろん、「好きなものは何?」など自分の事が聞かれることがなかったり、女性が自分の話を全くしてくれなかったり、というのは興味を持ってもらっていない証拠です。

この場合は、デートに誘ってもOKしてもらえないことがありますので、もっと親密になるところからスタートをオススメします。

デートの内容はどうする?

デートに誘う時には緊張しますし、付き合いたいと思っていても「デートしよう!」とストレートに誘えないこともありますよね。

そんな時には、口実を準備しておくとよいですよ。女性としては何をしにどこに行くのかが明確にわかっている方が安心してお誘いにのることができます。

口実の例としては、

  • おいしいお店を知っているから今度行こう!
  • (好きなものが分かってるなら)一緒に観に行こう!(動物園、水族館、ライブ、スポーツなど)
  • この映画が面白いらしいから観に行かない?
  • 買いたいものがあるから、一緒に買い物に行ってくれない?

など。ただし、口実はあくまで口実です。デートをしに行ってるので、相手の事を知れるように、また自分を知ってもらえるために会話してくださいね。

初デートでは、女性は相手との相性を見極めようとします。そのため、初デートでは「相手にとって楽しいこと」をするのが成功の鍵になります。

相手がどんなことに興味があるのか、どんな食べ物やモノが好きなのかなどをメッセージや会話でのやりとりから拾って、ショッピングに行ったりカフェに寄ったりなど、デートプランを立てるのが大切です。

そういうのがわからない場合や、最初からどっかに行くのは自信がない場合は、食事に誘うのが簡単で成功もしやすいのでオススメです。

初デートであれば、食事するだけ、飲みに行くだけ、でも全然OKです。二人だけであって、いつもは出来ないような話、LINEなどでは出来ないような深い話が出来るとその先へすすめる可能性はぐっと高まります!

デートの時間は短めに

口実の内容や親密度にもよりますが、初めてのデートの場合は1日中拘束するというのは難易度がかなり高いです。

まだお互いに深く知っていないので、会話が続かなかったり、緊張のために失敗をしてしまったりということもあります。

そうすると、あまり魅力を感じてもらえずに次のデートに繋げにくくなってしまうことも・・・。また、そもそも相手がそんなに時間が取れないということもあります。

そんなリスクを防ぐためにも、初デートは2~3時間から長くても半日で予定を立てるのが良いです。食事や飲みに行くのなら、2~3時間はちょうどよい時間ですよね。

また、ショッピングをするという場合やスポーツの試合観戦や映画鑑賞などをすることもあると思います。その場合は、終わった後にカフェに行ってお茶をしてからデートを終わりにするぐらいで考えましょう。

初デートなら待ち合わせの時間も考えてしまいますよね。おすすめとしては午後からです。午前中だと準備にバタバタしてしまうこともありますが、午後からの約束なら余裕をもってゆっくりと支度することができます。

また、飲みに行くなどお店の都合があるなら仕方がありませんが、夜からの待ち合わせは警戒されてしまうこともありますので基本的には避けたいところです。

時間や場所について、悩むようなら女性に聞いてみるというのもよいですね。全て任せっきりというのでなければ、自分のことも考えてくれていると感じられる気遣いに好感を持ってくれる女性も多いです。

デートの誘い方(LINEなど)

デートに誘う前段階として、メールやLINEなど、なんらかのツールでやりとしてるはず。

LINEなら直接話さなくてもデートに誘えてハードルは低く感じますし、普段相手とLINEでコミュニケーションをとっているからその延長で誘えるので、相手の女性もやり取りの流れから自然にOKしてくれる可能性が高いです。

LINEを使ってデートを誘う時に気をつけたいポイントに意識して、デートに誘ってみましょう。

既読がついている時がチャンス

相手もLINEを見ている状態なら、電話のようにすぐに返事を返してもらいやすいです。

お誘いは早めのタイミングで

相手にも都合があるので、いつ見られなくなってしまうかはわかりません。挨拶をしてそのままの流れで「今度○○に行かない?」などと誘うのがおすすめ。

好きなものからデートに誘うのもアリ

LINEでメッセージを送りつつも、相手が好きなものをリサーチしておきましょう。また、相手が好きなものの話の時に「今度一緒に行こう」と言う流れで誘うのがおすすめの方法です。

相手の都合も考える

相手の顔も声も感じることができないのがLINE。そのため失礼なことを送ってしまいがちですが、相手にも配慮を見せましょう。

デートに誘う場合には、目的や場所を明確にするだけでなく日程を確定させておくことも大事です。あらかじめ日程の候補を3つくらい提示しておくと、相手の都合もつきやすくなります。

デートの誘い方(電話)

デートに誘う時は、すごく勇気がいると思いますが、電話で誘うのはとても有効な手段です。

メッセージでやりとりしているのにわざわざ電話をしてきてくれるということで「これは特別なことなんだ」と相手の印象にも残りますし、LINEやメールとは違って相手もほぼノータイムで答えてくれますので成功率が上がる傾向があります。

電話でデートに誘う場合には、次のポイントに気をつけるようにしましょう。

事前にメールやLINEでコミュニケーションをとっておく

まだ親密度が高くない時にいきなり電話をもらうと相手がビックリしてしまうことも。お互い心の準備ができるように事前にやり取りして仲良くなっておくのは必須です。

電話時間は短めに

電話が苦手だったり忙しかったりという女性もいます。相手の都合を考え事前のメッセージで「今ちょっとだけ電話しても大丈夫?」と気遣いを見せるようにしたいですね。

デートのお誘いは序盤がベスト

電話時間を短めにするためにも電話の序盤に誘うのがベスト。場が暖まるのを待っていては誘いづらくなってしまうこともあります。

お誘いはシンプルに

誰でも良いわけではなく「あなたと一緒に行きたい」ということを伝えておくことが大事です。女性はこういった”特別感”に弱いのです。

初デートに誘ったのに断られた場合の対応

勇気を出してデートに誘っても、残念ながら断られてしまうこともあります。断られてしまったときは「脈がないのか」と落ち込んでしまいがちですが、実際にはそうでもないことも多いです。

当日や前日のドタキャンは体調が悪かったり仕事や家庭の都合があったりすることもあります。相手の都合も考えて大人な対応を心がけたいですね。

誘ってOKがもらえなかった時は忙しくて時間がないなどもありますし、ただ単にデートの内容に興味がないということもあります。

また、人によっては「すぐにOKを出すと遊んでいると思われそう」「自分の気持ちを整理するまで時間が欲しい」など、脈があってもデートの誘いは色々考えてしまう女性もいます。

このように、デートに断られてしまっても、どうしようもないケースや反対に脈アリなケースもあります。

連絡を取り続けることが出来るのなら、あなたのことが嫌で断っているわけではありませんので、また別の日に誘ってみたり予定を聞いてみたりしてみましょう。

断られてからすぐに聞くと自然に約束を取りつけられますよ。

もし、デートの約束をしてたのに前日や当日にいきなり無理って言われたりした場合は、ちょっと別の対策を考えないといけない場合もあります。

ABOUTこの記事を書いた人

oshim

メディア向けの記事ライターをしているoshimです。夜景がキレイなお店に行くなどロマンチックなデートも素敵だと思いますが、どちらかというとスポーツやゲームセンター、カラオケなど相手と一緒に楽しめるデートの方が惹かれます。今までで1番楽しかったデートは"食べ歩き"。次の日2kg程太って後悔しましたが、ラーメンや焼き鳥、ケーキなど好きなモノをいっぱい食べられて大満足でした!またダイエットしてから挑戦したいなぁ。