冬のデートにおすすめのメンズ服コーディネート

冬のデート服選びなんて、簡単だと思っていませんか?カッコ良くてデザイン性の高いアウターさえ着ておけば、それなりにオシャレに見えると考える男性は少なくありません。

ところが、女の子たちはそんな手抜きコーディネートなんてお見通し。「カッコイイ!」と女の子から褒められる冬のデート服コーディネートについてご紹介します。

冬の特別なクリスマスデートに関しては別のページ解説してます。

冬のデート服選びのポイント

冬のデート服選びのポイントは、

  • 重くなり過ぎないこと
  • アウターの下のコーディネートも手を抜かないこと

です。

どんよりと曇りがちな冬空の下、防寒を意識したボリュームのある暗い色合いの服では、あまりにも重い印象を与えてしまい、爽やかさや清潔感の欠片も感じさせません。

清潔感溢れる爽やかな印象を与えたいなら、スタイル良く見えるボリューム控えめな服装で、なおかつ明るい色合いの服を取り入れるなどの工夫をしてみましょう。

ところで、「冬はカッコイイアウターさえあれば、サマになる着こなしができるから楽だ」なんて考えていませんか?

オシャレで温かいアウターが1着あれば、トップスとボトムス、さらにブーツを履けば十分カッコイイ着こなしができる場合もあります。

確かに冬服といえば、アウターがメインになるかもしれません。

例えば、秋から着用可能なテーラードジャケットやデニムジャケットをはじめ、ハードな印象を与えるMA-1やライダースジャケット、アウトドアな雰囲気のシェルジャケットトやマウンテンジャケットがあります。

また、男らしさ溢れるミリタリージャケットやモッズコート、そして大人な印象のチェスターコートやステンカラーコートなど数々の種類のアウターがあります。

ですが、デザイン性に優れたアウターをファッションのポイントにしてしまうと、アウターを脱いだ途端、あまりのダサさにがっかりされるなんてことも。

ですから、冬のデート服を選ぶときにはアウターのカッコ良さだけに頼るのではなく、アウターを脱いだときにもがっかりされないトップスとボトムス選びをしましょう。

<重すぎるコーディネート例>

<明るい色を入れた例>

冬におすすめの色合い

ブラックやネイビーなどの暗い色合いの服が多く、どうしても重苦しい印象のファッションになってしまう冬。

通勤服なら重苦しく見えても地味に見えてもまったく構わないかもしれませんが、デート服を選ぶならできるだけ爽やかさを演出できる色合いの服を取り入れたいもの。

爽やかさを演出できる冬におすすめの色合いは、上品に見えるホワイトやライトグレー、そして鮮やかなレッドやブルーなどです。

ホワイトやライトグレーなどの薄い色合いの服をバランス良く取り入れれば、爽やかさはもちろん清潔感を与えるコーディネートになります。

また、生気を感じさせない全体的に暗い色合いのコーディネートでも、鮮やかなレッドやブルーを差し色として使えば、元気で明るい印象を与えるコーディネートになります。

デザイン的にはワイルドかつセクシーなカッコイイ印象を与えるコーディネートも良いですが、雪のようにふわふわした印象を与えるニットやファーアイテム、もこもこと温かみのあるボアジャケットなど、冬らしいデザインのアイテムを取り入れると季節感のあるコーディネートにできるかもしれません。

おすすめのコーディネート例

冬のデート服を選ぶときには、コートやジャケットの着丈に注意してスタイル良く見えるようにしましょう。ここでは、おすすめのコーディネート例をご紹介します。

ジャケット × ニット × チノパン × マフラー

ジャケットを着るなら、一気に大人っぽい雰囲気のコーディネートに仕上がります。マフラーやブーツで着こなしのポイントを作ると同時に防寒対策をして、伊達の薄着にならないようにしましょう。

ジャケットにチノパンを合わせれば、きれいめスタイルが完成します。ジャケットにチノパンを合わせるなら、デニムを合わせるよりも清潔感溢れる装いになるのでおすすめですよ。

ダッフルコート × ニット × Tシャツ × デニム

すでに冬の定番アイテムになっているダッフルコート。女の子からの支持も高く、ダッフルコートを着ている男性の好感度はかなり高めです。

ダッフルコートを着るなら、シンプルなニットを合わせても、冬にぴったりなノルディック柄のニットを合わせてもしっくりくるコーディネートになるはず。

もしも冬のデートにダッフルコートを着ていくなら、ショート丈のダッフルコートでスタイル良く見せましょう。

メルトンコート × ニットジャケット × カットソー × カーゴパンツ × マフラー

人気のメルトンコートにカーゴパンツを合わせれば、シンプルなのにオシャレに見えるコーディネートになります。

カーゴパンツのインパクトに負けないように、マフラーを使って上半身のボリュームをアップすれば、ちょうど良いバランスのコーディネートになるのでおすすめです。

コートの中にニットジャケットを着ていれば、重ね着スタイルも楽しめますし、コートを脱いでもオシャレに見せることができますよ。

ダウンジャケット × カーディガン × シャツ × デニム

機能性はもちろん、デザイン性にも優れているダウンジャケットは、寒い冬のデート服にもぴったりなアイテムです。

ダウンジャケットは、デニムを合わせればカジュアルな雰囲気に、そしてチノパンを合わせればきれいめカジュアルのコーディネートができるので冬の季節に1着あれば重宝するアイテムです。

着こなしの主役になるダウンジャケットですが、脱いだときにもサマになるように、デニムの上にはカーディガンとシャツの重ね着スタイルをしておくと良いかもしれません。

ステンカラーコート × ニット × シャツ × チノパン

シンプルなステンカラーコートは、チノパンを合わせて爽やかなコーディネートに仕上げましょう。

コートにニットとシャツ、そしてチノパンを合わせるなんて、あまりにも優等生に見えるコーディネートに気が引けるかもしれませんが、女子ウケを狙いたいならこれくらい清潔感溢れるコーディネートをしておくべきです。

コートの中にニットとシャツを着て置けば防寒対策にもなりますし、襟元から覗くかっちりしたシャツが全体の着こなしを引き締めてくれます。

ABOUTこの記事を書いた人

ウラン

30代の女性です。初デートは大学に入った直後くらい、5歳上の社会人の男性と。彼に子供っぽく終われないように雑誌をいっぱい買って必死で大人の女性を真似してた。今思うと、バカだなぁー。