彼女の手作り弁当でデートがしたい! こうやって頼んでみよう

「彼女が作ってくれたお弁当をデートで食べてみたい・・・・・・!」と、憧れを持っている男性が多いのではないでしょうか?

女性が根っからの料理好きということであれば、こちらから何かはたらきかけなくても、お弁当を気軽に作ってもらえるかもしれません。

「今まで一緒にいて、料理が好きという話は聞いたことがないな……」という女性が彼女の場合、「お弁当を作って!」っと言っても、はたしてお弁当を作ってもらえるのかどうか、ちょっと不安ですよね。

今回の記事では、「彼女の手作り弁当でデートがしたい!」という方に向けて、成功率が高いと思われる頼み方のコツを紹介します。

彼氏とお弁当デートしたいと思っている女性は多い

 

仮に、料理が大得意というわけではなくても、大好きな彼氏のために、「デートにお弁当を作って持って行ってあげたい!」と思う女性は多いものです。

というのも、女性がよく読む少女漫画や、恋愛もののドラマではそういったお弁当デートシーンがちょくちょく出てきます。

「外でお弁当を広げながら、ゆっくりおしゃべりをするようなデートがしたい」と憧れを持っていることが多いのです。

しかし、そんな女性が自ら進んでお弁当を作ろうとしない、お弁当デートを提案しないことには、次のような理由が考えられます。

  • どのタイミングで持っていけばいいか分からない(男性に機会を作ってほしいと思っている)
  • 恥ずかしい
  • 料理が苦手
  • 凝った弁当を作るのが面倒くさい

逆にいえば、これらの要素を解決してあげれば、女性はお弁当デートに前向きになってくれる可能性が高いです。

ピクニックデートや公園デートなど具体的なプランを話す

どのタイミングでお弁当を持っていけばいいか分からないという女性や、恥ずかしがり屋の女性に、「お弁当デートをしたい!」と思ってもらうために、何よりも大切なのは、デート場所の提案です。

ここはストレートに、「たまには違った雰囲気の場所に出かけてみたいよね」と話を切り出し、「ピクニックなんてどうかな?」「公園デートでゆっくりするのもありじゃない?」と話をつなげてみましょう。

もともと、お弁当を作ってみたかったけど、機会が分からなかったという女性なら、「だったら、お弁当作って持っていこうか?」と返してくれるかもしれません。

そして、「人前でお弁当を食べるなんて恥ずかしい……」と思っているタイプの女性のためには、ピクニックや公園デートの場所選びも重要です。

公園とひとくちにいっても色々あり、子どもしか遊びにこないような公園、うるさくて落ち着けない公園でのピクニックは適していません。

そういった場所でのお弁当デートは、女性も乗り気にならないと思います。

地域系雑誌などを参考に、お弁当デートに人気の公園を調べておき、「ここは、カップルがよくピクニックしているらしいよ」と教えてあげると、「じゃあ別に恥ずかしくないかな?」と思ってもらえる可能性が高いです。

お弁当のレシピで彼女を悩ませないように

もう1つ、お弁当デートにこぎつけるためのコツは、お弁当のレシピで彼女が悩むことがないように気を付けることです。

特に、面倒くさがりの女性や、料理に自信がない女性の場合、手の込んだお弁当を作ることを負担に感じてしまいます。

特に料理が苦手な女性の場合は、作り慣れないレシピ、難しそうなレシピに手を出して、おいしくない物が出来上がってしまったらどうしようと不安になってしまいがちです。

ですから、「色鮮やかな見た目のお弁当が食べたいな」「キャラ弁みたいな可愛いお弁当がいいな」など、お弁当作りのハードルを上げてしまうことを言うのは、やめておいた方が良いです。

お弁当デートをしたいと思っている理由は、別にレストランのように美味しいメニューが食べたいからではありませんよね?

大好きな彼女が自分のために作ってくれたお弁当を一緒に分け合い、同じ時間をのんびり過ごすことに意味があるはずです。

お弁当のレシピで悩んでしまいそうな彼女には、「あなたと一緒なら何でも美味しく感じるんだよ、お弁当の中身は何でもいいんだよ」と伝えてあげるのがいいかもしれません。

それでも彼女がまだレシピに悩んでいるなら、失敗が少なそうで、手間もそこまでかからなそうなレシピ、サンドイッチなどを提案してあげるのもアリです。

お弁当デートでなごやかな時間を過ごすことで、2人の仲はさらに深まるはず。

ぜひ、頑張って誘ってみてくださいね!

ABOUTこの記事を書いた人

阪上 万月

大阪府在住でライターをやっています。印象に残っているデートは水族館デートです。とっても大きなカニを見たり小魚の群れを見たり、水辺に住まう可愛い生き物を愛でたりして、それなりに楽しかった思い出があります。イルカショーで真っ白のイルカを見て、「いやいや美しすぎやろ!」って感激しました。ちなみにその日は晩ご飯にお寿司を食べに行きました。