年上の女性とデートする場合に気をつけたほうがいい事

年上女性とのデート、どうしたらいいのかわからないことだらけかもしれません。

ただ、これは年上の女性も同じで、年下の男性とどうやって接したらいいのか、何を話したらいいのか考えているものです。

年上だから、年下だからという壁があるうちは、縮まる距離も縮まりません。女性は想像以上に年齢を気にしているものです。年下男性とのデートとなればなおさらかもしれません。

年上の女性の心をつかんで付き合えるようになるためには、女性が年齢を気にせずにデートを楽しんでもらえるようにちょっと気を使うというのポイントです。

あまり気を使うといつまでも他人のままですので、「ちょっと」っというのが女性にとっても、うれしい気持ちになって自分のことを考えてくれてると好印象になります。

好きになるのに年齢は関係ないですし、年上だから?とか年下だから?とかは、必要以上に気にする必要はありません。

どんな服装をすればいい?

女性の方がデートの時の服装で悩む事が多いですが、男性でも当然悩みますよね。

まして、年上の女性とのデートとなると、今まで何度かデートの経験がある場合でも服を決めるのに時間がかかるかもしれません。

年下であるということが一番悩ましいところではありますが、もちろん若さをアピールするような、腰パンやだぼっとして服装はNG。

男性が年上女性とのデートで釣り合うかどうかが気になっているのと同じように、女性も年下男性とのデートでは何を着ていけばいいのか悩んでいるものです。

なので、若さをアピールするというよりは、デートする予定の年上女性の年齢に適した服装をした方が、女性もホッとすること間違いなしです。

さらに女性は周囲の目も気にしているものなので、どこにいってもどんなお店や場所にいっても女性が困らないように、清楚かつシンプルな服装を心がけましょう。

ジャケットを羽織るようなちょっと大人めな服装だといいですね。スニーカーではなく革靴をチョイスしたりアクセサリーを付けるのならゴテゴテせず、シンプルで大人っぽく見えるものを少しだけ着ていきましょう

デート代の支払いはどうする?割り勘、おごる?

女性もおごられようと思ってデートに来ているわけではありません。なので女性も半分出します、と会計の時には言うことがほとんどです。

ですが、初デートならなおさら男性が支払いをした方がスマートです。

年下だからこそ、ここは大人の男を見せるチャンス!

もちろん、毎回おごられるのは女性も気が引けてしまってデートの誘いを受けにくくなってしまいますので、たまには割り勘にしたり、女性に出してもらうというのもいいでしょう。

お付き合いをするようになったら、デート代は割り勘にするなど二人で決めればいいので、始めのうちは男性がおごる、少しでも多く出すようにしましょう。

ただ、おごったからと言って必ずしも女性がつきあってくれるとは限りません。

お付き合いに至るということは、デート代をおごったおごらないではなく、二人の相性やタイミングが何よりも大切です。

中にはおごられて当然だという女性もいますが、そういった女性ならお付き合いしない方がいいです。その辺もデートの時に見極められるといいですね。

会話は敬語の方が良い?

年上女性とのデートでは、言葉遣いをどうしたらいいのか悩んでしまう男性も多いのではないでしょうか?

年上だからといって敬語を使わなくてはいけないというわけではありませんが、デートに至るまでの関係性では、敬語を使ったり使わなかったりしながら話すといいかもしれませんね。

最初のうち、特に関係が浅かったりあまり二人きりで会ったことがないのに、いきなりため口では女性もびっくりしてしまうかもしれません。

昨日まで敬語だったのに二人であったらため口になっていたというのでは引いてしまうかもしれないので、気を付けましょう。

ただ、ずっと敬語ばかりでは女性との距離も縮まりませんし、女性も自分が年上だということを認識させられてしまうので、時間とともに臨機応変に敬語を使ったり使わなかったりとバランスを取っていくのをおすすめします。

 














お友達にもご紹介下さい!