LINEでのデートの誘い方のポイント

気軽に連絡を取れるLineですが、気軽に連絡を取れるからこそ電話で連絡を取り合うようにスムーズに話が進むとは限らないということを覚えておきたいところ。

いつでも返信できるので、急用ではない限り時間のある時に返す方がほとんどです。とくにちょっと考えないといけないようなないようであればなおさらです。

返信が来ないからと言って焦らない、催促をしないようにしましょう。これは鉄則です。

もちろん、いつもなら返信がくるのに1日経っても返信がこないのであれば「大丈夫?」「何かあった?」と一言送ってもいいかもしれません。

ただ単に返信をするのを忘れていたり具合が悪い可能性もあります。

Lineでの今までのやり取りや内容から好意を抱いてくれているかどうかを見極め、そのうえでデートに誘ってみましょう。

LINEでデートに誘うまでに、女の子が好意を持ってくれてる?

誰とでも気軽に連絡を取り合うことができるLine。いろいろな人とつながることができるようになったので、簡単にやり取りをすることができるLineですが、簡単にやり取りができるからこそ注意しなくてはいけないところもあります。

Lineを使って好意を抱いている女性に連絡を取るようになればデートにも誘いやすいですよね。

もちろん女性も嫌な相手やあまり好意を抱いていない男性からのLineなら未読のままや既読しても返信をしないこともあります。

なので、返信がくるということは「いやではない」ということになるので、デートに誘えばOKをもらえる可能性は十分にあります

ただ、Lineが続いてるからと言って、必ずしも好意を持ってくれているとは限らないということも覚えておいてください。

誰とでも簡単に連絡を取り合うことができることから、好意を持っていなくても「嫌い」でなければ返事はする可能性はあります。

なので、返事がくるかどうかよりも、その内容をちゃんと見極めてからデートに誘えるかどうかを判断してください。

ちゃんといい関係ができてるなら直接ストレートに

LINEで好意を抱いている女性と連絡を取り合っている場合、その内容や過程でいい関係が築けているか、女性もまんざらではなさそうかどうかはある程度わかります。

なので、その内容によってはちゃんと良い関係が築けているということになるので、このような場合は誘い方としてはストレートにデートを申し込んだ方が女性もうれしい気持ちになりますよね。

遠まわしに言われるよりもズバッとストレートに物事を言ってくれた方が女性は喜びます。良いなぁっと思っている男性からデートに誘われたら、女性だって当然うれしいですよ。

ただし、好意を抱いていない男性からストレートにデートに誘われても嬉しくもなんともないです。当然、デートなんて夢のまた夢になってしまいます。

連絡を頻繁に取り合う時点で、嫌だとは思われていないはずですが、好意を持ってるかどうかは分かりません。

メッセージの内容から、良い関係ができていると思った場合は、ストレートに誘いましょう。

もし、まだ早いかも?っと思ったら、もうちょっとやり取りを続けたほうが良いかもしれません。

時間やタイミングも重要

Lineを使ってデートの誘いをする場合、もう一つの誘い方のポイントとなるのが時間やタイミングです。

いつでも気軽に送ることができるのがlineのメリットなので、自分が連絡ができる時にすれば構いませんが、既読にならないからといって返信の催促をしないようにしましょう。

相手の女性も返信ができるときにしてくれますので、しばらく待ってみましょう。

女性の生活スタイルがある程度わかっているのであれば、女性が連絡をしやすい時間帯にLineを入れるようにするなどタイミングを見計らって連絡をしてあげましょう。

忙しい朝よりも夜の方が連絡が取りやすいですよね。お昼の12時ころなども時間がある女性も多いです。

そういったタイミングを見て連絡を取るようにすれば、女性も連絡がきたことを忘れたり既読のまま何時間も放っておくということが少なくなるので、時間とタイミングを見計らって返信しやすい時間を狙うのも大事です。

ABOUTこの記事を書いた人

マイシカ

30代の女性です。初デートは中学生の時、一緒のクラスの男の子とのです。地元の遊園地に行って遊んだけど、緊張してあんまり話せなくて・・・あの頃はウブな私でした。その後は色々あったけど卒業するまで一緒でした。高校で離れちゃったので、自然になくなった感じ。懐かしいなぁ。