初デートに適したおすすめのジャケットとは?

気になる女性との初デート、気合を入れておしゃれして何がなんでも好印象を得たいものです。ジャケットを着ると一気に印象が変わってオシャレ感がでます。でも、

「かっこいいジャケットを着てみたいけど、実際初デートに向いてるジャケットって一体どんなの?」

「どんなジャケットを着ればいいの?」

「インナーやボトムスはどんなものを合わせればいいの?」

と悩みはつきませんよね。

今回は初デートに適したジャケットの選び方、ジャケットの種類や合わせ方を季節別に解説します。

ジャケット選びの重要なポイント

柄はないもの or シンプルに

これは初デートの服装全般に言える事です。初デートは気になる女性の前での第一印象を決める大事な場面です。

気を引こうと思って個性的なコーデで臨んでしまうと返って逆効果になってしまいます。

チェックなどいろんなバリエーションが世間に浸透しているシャツならまだしも、ジャケットとなると「初デートで着て行っても問題ない柄」は限られてきます。

迷彩柄なども世間には認知されていますし、落ち着いた迷彩柄もいろいろ種類がありますが、不安でしたら避けた方が無難です。

ですので柄はないもの、または薄いストライブやボーダーなどのシンプルなものを選びましょう。

サイジング

おしゃれにまだこだわりがあまりない人にとっては、ここが一番の落とし穴となります。

「ダボっとしてなくてピチピチすぎなければ問題ない」

言葉にすると確かにそれは正論なのですが、実際おしゃれな人はもっと細かく自分のちょうど良いサイズ感を把握していますし、そして実際に着比べてみると、

「大まかなサイズ選び」と「きちんとしたサイズ選び」では相手に与える印象がまるで違います。

ほんのわずかな違いだからといって馬鹿にはできません。わずかな違いでも、無意識に相手に与えるイメージに差が出てきてしまうのです。

後述するジャケットの種類にもよりますが、基準としては

「肩にある縫い目のラインが、肩の端よりちょい内側に乗るくらい」

あたりがちょうどいいです。

1cm以上肩の端から落ちていたら大きすぎると判断し、サイズを下げましょう。

ドロップショルダー(肩にラインがないもの)は、「袖が手の甲にかからないもの」で判断しましょう。

状態

これは古着などで購入する際に注意すべきことですが、ジャケットの状態をしっかり確認することを忘れないでください。

全体の色あせなどに関しては、パッとみて新品に見えるような色合いであれば問題ないでしょう。

シミや汚れもしっかり確認。

糸のほつれなどは内側であれば問題ないですが、外側の場合は自分で修正可能か否かで判断し、端からみて気になるようなものでしたら、残念ですが断念しましょう。

遠くからみたら見えないものの、初デートともなれば女性と隣に座ったり、距離が近くなる事もしばしば。

せっかく二人の距離が縮んだときに幻滅されないように注意しましょう。

初デートに向けたチョイスですので、派手な色合いは避けた方が良いでしょう。

赤や黄色などの原色系はもちろん、初デートでジャケットとなると白も少々難易度が高いです。

黒、カーキ、ネイビー、ベージュ、グレーなどが一番安定して好印象を与えられます。どうしても原色などを入れたい場合はインナーや小物などで入れましょう。

季節別オススメのジャケットと合わせ方

これから季節別のオススメコーデを紹介しますが、これからお話しするもの全てに「濃紺ジーンズ」が合いますので、まだ持っていない方は一本持っておきましょう。

春:テーラードジャケット

いわゆるスーツジャケットの形状のものです。ジャケットといえばまずこれを連想するのではないでしょうか?

春秋はアウターとして、冬はコートの下に着てもいける、使い勝手の良いアイテムです。

黒だと少々難しいので、ネイビーかグレーを持っていると簡単におしゃれにアレンジできます。

合わせ方としては一番無難なのはインナーにはネイビーと白のボーダーTシャツ、スニーカーは白がいいでしょう。

黒の短靴でもいいのですが、髪型などによってはキメキメすぎに見えてしまうので、この場合はスニーカーがおすすめです。

夏:ミリタリージャケット カーキ

暑い夏はジャケットを羽織ることは難しいですが、羽織るとすれば薄手のミリタリージャケットですとおしゃれに見えます。

色はカーキ一択です。

下に白Tシャツを着て、腕を少しまくって前腕を見せると、筋肉と血管が好きな女子にはうってつけです。

靴は白か黒のスニーカー、ベージュのものでもありでしょう。

秋:MA-1 黒

少し寒くなってきた秋にはボリュームのあるMA-1でたくましい男性を表現しましょう。

人肌恋しくなってきた女性に好印象を与えられます。

インナーは白シャツ、靴は黒の短靴を合わせてキレイめだけどたくましい男性に。

気温に合わせて白シャツの下にもう一枚着る際は、それが見えないようにしましょう。

冬:ダウンジャケット グレー

ここではグレーのダウンジャケットをオススメします。

他の色ですと、ダウンの光沢感などを一歩間違えると子供っぽくなってしまうのですが、グレーですと失敗が少ないです。

肩や袖のサイズはジャストサイズのものがいいのですが、ダウンの厚みが厚くなってモコモコしてたり大きく見えるのに関しては、近年は厚手のものが流行しているので問題ないです。

インナーは白シャツ、こちらも白か黒のスニーカーが合いますので揃えておきましょう。

まとめ

上記で白シャツが何点か出てきましたが、間違っても仕事で着るようなパリッとしたリクルートシャツは着ないようにしましょう。

「普段着用のシャツを持っていない」と思われてしまうので、麻やリネン素材のものを買っておきましょう。

今回紹介したラインナップですと、比較的全身揃えるのに物数が少ないので揃えやすいはずです。

ぜひ揃えて、初デートを成功させましょう。

ABOUTこの記事を書いた人

ショーン

20代の男性です。初デートは中学校の時、一つ下の女の子に告白されて付き合いました。デートって何したら良いのか分からず、あまり長続きしなかったけど、一緒にいるだけで楽しいという間隔を初めて味わいました。懐かしい!