友達に紹介された相手との初デートを成功させるポイント

最初から知っている相手ではなく、友達からの紹介を受けた相手とデートすることになった場合って、他の出会い方とは違うところがたくさんあります。

友達からの紹介といえども、基本は、全く知らない相手との初デートです。しかも、紹介されてる以上、簡単には断れませんよね。

友達に紹介された相手との初デートする上での注意や、初デートの前にしておいたほういいことを紹介します。

初デートは紹介してくれた友達と一緒がベスト

いくら友達の紹介といっても、相手のことを全く知らない段階で初デートとなると、お互いなかなか楽しめないのではないでしょうか。

ですから、もしも友達にとりあえず会うことを勧められたとしても、それはお断りして、まずは友達を混じえて会ってみましょう。

できれば、友達カップルとダブルデートのような形だと、2人で話す機会もあっていでしょう。このパターンが成功しやすく、一番オススメです。

友達に紹介してもらう場合は、そういう風に友達を混ぜて出かけてみてから、連絡先を交換することをおすすめします。

友達を混ぜて出かけることができない場合でも、しっかりとお互い連絡をする時間を取ってください。

友達からの紹介を受けた場合は、デートすることが前提です。ですので初デートもすぐだと思います。これはいい事ですが、デメリットもあります。

相手のことを知る時間が少ないので、話のネタに困る可能性が出てきます。

もしも自分が人見知りをしなくて、別に知らない相手と突然デートしても全然OKな人は大丈夫ですが、ほとんどの人はそうではありません。

相手は人見知りをするかもしれないことを考えておきましょう。

とりあえず、初デートは断らないで

友達から紹介を受けた人にデートに誘われた場合、基本的には受けたほうが良いです。

まだ相手のこともよく分かりませんし、会ってみないといい人かどうかの判断もつかないはずです。

それに、紹介してくれた相手とデートもせずに断るのは、友達に失礼です。

まだ相手のことが気になっていなかったとしても、とりあえずデートはお受けしましょう。

ただ、それまでの連絡などで、相手に嫌悪感がある場合はもちろんお断りしても構いません。

その場合は、紹介してくれた友達に対しても一言謝るなどして、何かフォローを入れておきましょう。

最初のデートは短時間にしておくこと

デートに誘う側も、誘われる側も、友達からの紹介でデートをする場合は、なるべく短時間でデートが終わるようにプランニングしましょう。

誘われる側は、デートの日は半日何か他に用事があることにすれば、短時間ですむようになります。

理想的なのは、3時間程度ではないでしょうか。ちょうどご飯を食べて、ちょっとゆっくり話すのに適した時間がそのくらいでしょう。ご飯ではなく、カフェでも構いません。

なぜ短時間がいいのかというと、単純に、お互いよく知らない相手なので、長時間一緒にいるようなプランを組むと疲れてしまうからです。

長時間一緒にいても、気疲れしなかったということもあるかもしれませんが、試してみるにはリスクが大きすぎます。

2人きりで会ってみたら、全然気が合わなくて一刻も早く帰りたい!という気分になったときにも、最初から短時間のプランでいたほうが、何かと都合が良いという理由もあります。

初デートは軽いプランのランチやカフェなどで

友達の紹介で知り合った相手との初デートでは、カフェに行ったり、ランチをしたりくらいの軽いデートがベストです。

元々知っている相手なら、相手の趣味嗜好を理解していたり、2人でいる時の空気感をわかっているので、初デートでもそれ以外のことをしても問題ありませんが、やはりあまり知らない相手となると、カフェや食事くらいが無難なのです。

ディナーよりもランチの方がおすすめです。より軽い感じで出かけられる方が、あまり知らない相手の場合は良いでしょう。

初デートまでに、お互いの食事の好みや、お気に入り、または行きたいお店がないかを確認しておくことも重要です。

誘う側は、勝手にお店を決めてしまわないように、先に提案したり、2人でお店を決めたりするようにしましょう。

それもコミュニケーションの一環ですから、お互いのことをよりよく知るきっかけになります。

デート中に帰りたくなったら・・・

どうしても相手への嫌悪感が払拭できなくて、デート中に帰りたくなってしまったら、そのデートが最初から短時間のものだと決まっている場合は、我慢した方がいいかもしれません。

帰りたくなったときの残り時間にもよるでしょう。

どうしても帰りたい場合は、何か急用ができたことにしてしまっても構いません。

ですが、あとから紹介してくれた友達に、一言お詫びを入れることを忘れないようにしましょう。

友達への報告も忘れずに

紹介してくれた友達は、2人がどうなったのか興味津々なはずです。

ですから、初デートの後にデートがどうだったのか報告をしてあげると、喜ばれるでしょう。

もう相手に会いたくないと思っている場合も、正直に報告をしましょう。

初デートがうまくいった場合でも、そうではない場合でも、紹介してくれた友達へのお礼は忘れないようにしてください。

ちゃんと報告とお礼をするようにすれば、もしもその時のお相手とうまくいかなかった場合でも、次の相手を紹介してもらえる可能性だってあるのです。

紹介してくれた相手を気にいった場合は、もちろん、その友達にも応援してもらいましょう。直接は聞きにくい事も聞くことが出来ます。

相手の好みや、好きなタイプはどんな人?好きなファッションは?何に興味がある?自分のこと、どう思われてた?など。

いろんなリサーチができるので、相手が気に入ってくれるようなファッションをしたり好きなところにデートに行くことが出来ますよね。

友達の紹介で初デートして、お互いに良いなぁっと思ってるなら、その後の展開はかなり速く進みます。頑張ってください!

ABOUTこの記事を書いた人

ミシェラ

30代の女性です。大学生の頃、友達グループでディズニーに行きました。その中に気になる男友達がいて、他の友だちはそれぞれ帰っちゃって、たまたまその男友達と二人だけになりました。ご飯に誘ってもらえたんだけど、遅くなっちゃって、その夜はそのまま彼と・・・今の旦那です。これ、初デート?