友達の紹介の場合の成功する初デートの誘い方は期待を裏切らない積極性

他の知り合い方に比べて、友達の紹介で知り合った女の子を初デートに誘うというのは大きなアドバンテージです。

普通は、好きな女の子がいたとしても、自分が好きなタイプなのか分からない状態で初デートに誘う事になります。

でも、友達の紹介の場合は、あなたと相手の女の子のことを知っていて、おそらく合うだろうと思って紹介してくれます。あなたの事がタイプじゃなければ、女の子の方も最初から応じてないはずです。

なので、不安になったり緊張したりせずに紳士的にかつ積極的に初デートに誘ってください。よほどの大きなミスを犯さない限りは失敗はありません。

でも、どう誘えば良いのかわからない!そんなお悩みをお持ちの方に、相手の心情や気持ちといった部分も解説しながら、いくつかの初デートの誘い方のパターンを紹介します。

自分に自信を持って、女の子を初デートに誘う

初デートの誘い方の前に、まずは、自分に自信を持ってください。

「友達の紹介で知り合った女の子を初デートに誘うのに、そんなに不安にならなくてもいい。」

という事です!

なぜなら、女性の方も友達の紹介に応じたという事は、他に良い恋愛対象の男性がいないということです。そして、恋愛に発展する可能性を頭に入れた上で紹介に応じているからです。

あなたがどんな人なのか、タイプや性格などもある程度伝えてあるでしょうし、もしかしたら、写真なども送ってるかもしれません。

その上で、紹介してもOKとなってるはず。なので、すでに最初からお互いが恋愛するのが前提のモードになってます。

そんな状態で、初デートに全く応じてくれない!という状況はなかなか想像しづらいですよね。

普通は、まず相手に好意を持ってもらうことから始めないと初デートに誘えませんが、ここはすでにクリアされてます。なので、初デートに誘う事自体はほぼ成功します。

でも、お互いに異性を友達に紹介してもらうという事は、「なかなか良い出会いがない」「今は良い恋愛が出来ていない」という状態です。

なので、端からみれば余裕でしょ!と思うような場合でも、変に緊張してしまったり、力んでしまったりしまう事も実際は多いのかもしれません。

さらに、あまり恋愛経験がなかったり、恋愛が久々だったりすると、ありえない失敗をしてしまうかもしれません。

まずは、自分が置かれている今の現状がこの上なく良い条件だという自信をもってください!

自信を持って誠実に慌てずに初デートに誘えば、成功する可能性は高いので臆せずに積極的にいきましょう。

実際に会ったことがある場合の初デートの誘い方

たとえば、大人数の飲み会の中での紹介や、紹介してくれた友人を入れて3~4人で飲んだ場合などのパターンの初デートの誘い方です。

二人きりではないものの、実際に一回会っているので失敗や悪印象を与えていなければ初デートの誘いが成功する可能性はかなり高いです。

女の子と少しコミュニケーションを取れているので、好きなことや興味のある事なども分かってるはず。

LINEなどで少し話してから「今度二人でご飯とか行きたいね!」「一緒に映画見に行こう!」などとストレートに誘ってみましょう。

初回のデートに誘う事さえできれば、そのあとはトントン拍子で進展するはずです。

もし、初デートに誘ったのにOKが貰えない場合は、初めに会った段階で自分があまり女の子のタイプでは無かったかもしれません。ですが、そのようなパターンはあまりないかと思います。

どうしても女の子が自分のことをどう思っているのかが気になる方は、紹介してくれた友人に聞いてみると良いでしょう。一度会っているので、よりリアルな相手の心情が聞けるはずです。

その友人から、実はタイプじゃなかった、思ってる人とは違ったなど良い返事がもらえなかった場合は、潔く諦めたほうが良いです。

友達には本音を話してるはずです。それを柔らかくしてあなたに伝えてくれたと思います。ですので、マイナスな返事だった場合は、希望はあまり無いと思います。

残念ですが、相性が良くなかったということです。

LINEなどで紹介された場合の初デートの誘い方

LINEなどの連絡先を渡されて、後は自分たちにお任せ。まだ実際に会っていないパターンの場合の初デートの誘い方です。

この場合でも、女の子が高確率で恋愛モードになっていることに変わりありませんが、焦りは禁物です。

まず会ったことがないので、LINEなどでのコミュニケーションを重ねて相手の不安を取り除いてあげましょう。実際に合った場合と比べて少し時間はかかりますが、あまり長く続けなくても大丈夫です。

女の子の方も初デートに誘われるのを期待していますので、LINEの返事なども早くなって期待感が高くなってると思ったら、初デートに誘いましょう。

できそうなのであれば、初デート前に電話をしてるとより効果的です。あなたの声を実際に聞けるだけで安心感がまた違います。

電話での初デートの誘い方は、シンプルで簡潔が失敗しないポイント

2016.02.26

そして文章上でのコミュニケーションでは、「誠実な男性」に見えるように心がけましょう。

いくら友達の紹介だからといっても、会ったことがない上に変に明るくアッパーな男性な印象を与えてしまうと、

「友達の紹介なんてなくてもまわりに女の子がいるんじゃ・・・?」

とも思われてしまいます。

明るいことは良いことなのですが、いわゆる「チャラ男」的な雰囲気を出さないように心がけましょう。会ったことがない女性に対しては、安心感をあたえることが重要です。

まとめ

友達の紹介の女の子を初デートに誘う事は、それほど難しくはありません

あなたも早くデートに誘いたい、上手くいって付き合いたい、と期待してると思いますが、相手の女の子もそれは同じです。友達からあなたのことを聞いた上で、良いかもしれないなぁっと思ってOKしてます。

友達の紹介の場合は、お互いに期待感を持っている、かなりの好条件で最初からスタートしてます。自信を持って積極的に初デートに誘えば成功します。

初デートの誘い方も、そのままストレートに誘うだけで問題ありません。

ただ、好条件だからといって何をやっても上手くいくという事ではありません。

どんな場合でも、女の子の好きな事や興味のある事などをリサーチして相手のことを知っておくことは、女性をデートに誘う前にやっておかないといけません。

そして何より、紹介してくれた友達のメンツを傷つけないためにも、誠意を持って接することが何より大切です。

お互いを知る友人が味方についてくれるという絶好の環境に感謝しながら、初デートの成功に向けて一歩踏み出してみましょう。

ABOUTこの記事を書いた人

ショーン

20代の男性です。初デートは中学校の時、一つ下の女の子に告白されて付き合いました。デートって何したら良いのか分からず、あまり長続きしなかったけど、一緒にいるだけで楽しいという間隔を初めて味わいました。懐かしい!